株式会社グローリーハウス
10:00~21:00
年中無休(年末年始除く)
東京都中野区に事務所を置き、東京都及び近県で、底地借地・個人間売買・相続対策・資産管理運営・リフォーム工事のコンサルティングと・売買仲介・管理業務・私道通行掘削承諾取得代行など専門業務代行を行っています。

借地借家調整相続私道

現在の借地借家は単純ではありません。

相続が絡み私道が絡む例が多くなっています。

こんな事例です。

地主さんも知らない借地権者はだれ?

借地契約から数十年たつと地主さんにも、借地権者さんにも相続が発生します。このため

借地契約当時はお互い身近な関係は、時の経過とともにお互い死亡し子孫に引き継がれ

全く知らない関係になっています。

まず調査借地権者はだれ?

借地権者さんはだれ?まずここからの調査です。

契約書をそのままうのみにできません。

関係者への聞き取りです。

実態が契約書と合致しているか?

関係者との面談

有ら借地権の知識がない

これ普通ですね。

丁寧に説明

借地関係者さんの希望確認

借地関係者さんの希望確認

地主さんの希望確認

地主さんの希望確認、何回も何回も

円満に解決できる正しい方法を具体的に説明

多くの借地底地と同様特に紛争はないが、正しく解決する方法を具体的に知らなかった。

何をテーマに誰とどのように話し合い何を決めればいいかが分からないのです。

これさえ説明し議論していただきました。

関係者間で納得いくまで話し合う

ここ重要です。関係者が集まり納得するまで話し合うのが一番です。

意見が異なっていても問題ありません。

関係者一同で徹底的に話し合えば解決策が見えてきます。

不明事項も相続人間の協議で決定すれば事実

古い借地は内容が不明な点も多いですが、相続の場合相続人全員のk討議で決定すれば

正式な事実になります。

話し合いを重ね円満に地主さんに返還

一つ一つ関係者で話し合い、円満に地主さんに返還となりました。

arrow_upward