10:00~21:00
年中無休(年末年始除く)
2018年04月01日
ブログ

中野区売主さんの疑問解消 親の財産売却には手続きが必要かも?


中野区も高齢化が進んでいます。

やはり70代80代になれば認知症や介護が必要になるケースも

多くなります。

施設の入居費用などで親の財産の売却などの必要に迫られることもあります。

このとき 法的手続きが必要なケースもありますのでお話しします。

財産の所有者に意思能力があるかどうか?がポイント


普通に考えて親の施設費用は お子さんが出すのが普通ですが

高額となるため、親の財産を処分することも考えられます。

このとき 親が判断能力があれば問題ありません。

自宅を処分して費用が作れます。

しかし、判断能力がなくなっていると 家庭裁判所の売却許可が必要となります。

望ましいのは 元気なうちに 方針家族信託、任意後見などで決めておくこと


望ましいのは 親が元気なうちに ご自身の希望を実現すべく

準備をしておくことが 一番望ましいことです。

実際 すでに行っている70代80代の方もいらっしゃいますが

ほとんど 行っていないし 問題意識もない方も多いでしょう。

親が認知症になると 子供に処分権限がなくなる


親が判断能力があるうちに 手続きしていないと

いったん認知症になると 子供が資産管理できるとは限りません。

裁判所の選任した法定後見人が財産管理をすることになります。

財産の処分となれば、これも裁判所の許可が必要になります。

高齢化社会に対応することも重要な中野の管理会社の仕事


中野駅近くで大家さん 地主さん向けに 管理会社を行っていますが

大家さん 地主さんが 高齢になればこれに対応し事前に様々な相談や

情報提供を行うのも 資産管理会社の重要な仕事です。

しかし実際ほとんど行われていないようです。

時代を先取りして 事前に様々な準備をしていくことが 

安心につながるのではないでしょうか?

中野駅近くで 相談会 セミナーを行っています


不動産管理や 老後の問題 財産処分の 手続き 法律制度 税制は

わかりにくいものです。

直接 話を聞いたほうが わかりやすいものです。

中野駅近くで セミナーや 個別相談会を行っています。

事前に問い合わせください。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

相続や不動産トラブル・不動産取引(建築含む)については
不動産コラムも日々更新中。http://www.glory-house.co.jp/?cat=8

(株)グローリーハウス Tel:03-5942-7409
中野区新井2-2-1松本ビル 


代表取締役 森本和彦


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

この記事を書いた人
森本 和彦 モリモト カズヒコ
森本 和彦
中野にある不動産会社グローリーハウスの代表 森本です。 キャッチフレーズはあるべき姿への挑戦。勤務時代会社内で責任者として行ってきたことをさらに充実します。 最近の大企業のお客様に不便な縦割りシステムへの挑戦です。真に信頼される不動産業者を目指します。
subdirectory_arrow_right

関連した記事を読む

store

会社概要

株式会社グローリーハウス

お気軽にご連絡ください!

お問い合わせ

INQUIRY
必須
必須
郵便番号
※いたずらメール防止のため、ご協力をお願い致します
arrow_upward