10:00~21:00
年中無休(年末年始除く)
2018年03月21日
ブログ

中野区土地売主さんの疑問解消 土地価格の実態② 大きな土地と小さな土地


さて 土地といえば 坪   万円などといわれますね。

しかし、実際の価格は 内容と予算などで決定されます。

通常土地は建物を建てて使うことで価値が出ます。

どんな建物が建つのかで価格が決まります。

大きな土地はそのままでは使えません。

買える人も限られます。

またみんなが使える大きさにするため道路も必要です。

多くな土地は 小さな土地と価格が大きく違う。


具体的に言えば 300坪の土地と

30坪の土地は全く評価が異なります。

30坪なら購入できる人が多いでしょう。

住宅ローンを借りれる方が多いでしょう。

しかし300坪の土地は住宅ローンは難しいでしょう。

現金で購入するか 事業融資となります。

当然評価が変わります。

 

大きな土地は分割する場合もあり得ます


大きな土地は一般の方が 購入することができませんので

一般的評価額にはなりません。

一般的に小さな土地の7割から8割の評価となるのが一般的です。

大きな土地は 道路部分 公園部分 道路工事費などを除く 実際使える土地で評価する。


大きな土地の場合は、道路を作り いいさな土地に分け 

住宅ローンが借りられる規模に造成しなければなりません。

実際に住宅地として 分譲できる土地の面積 正味面積が評価額となります。

実際は 正味面積評価額- 道路工事費-造成費-関連諸経費となります。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

相続や不動産トラブル・不動産取引(建築含む)については
不動産コラムも日々更新中。http://www.glory-house.co.jp/?cat=8

(株)グローリーハウス Tel:03-5942-7409
中野区新井2-2-1松本ビル 


代表取締役 森本和彦  携帯:090-5500-6303


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

この記事を書いた人
森本 和彦 モリモト カズヒコ
森本 和彦
中野にある不動産会社グローリーハウスの代表 森本です。 キャッチフレーズはあるべき姿への挑戦。勤務時代会社内で責任者として行ってきたことをさらに充実します。 最近の大企業のお客様に不便な縦割りシステムへの挑戦です。真に信頼される不動産業者を目指します。
subdirectory_arrow_right

関連した記事を読む

store

会社概要

株式会社グローリーハウス

お気軽にご連絡ください!

お問い合わせ

INQUIRY
必須
必須
郵便番号
※いたずらメール防止のため、ご協力をお願い致します
arrow_upward