10:00~21:00
年中無休(年末年始除く)
2018年03月19日
ブログ

中野区売り主さんの疑問解消 相続不動産の売却方法


最近の話題で多いのは相続不動産の売却関係です。

50歳を過ぎるころから 相続の疑問や悩みは多くなります。

しかし あくまで相続人側に話であり、多くは本人である

被相続人は問題意識がありません。

直接困らないからです。

相続不動産売却には相続登記、相続登記には遺産分割協議


相続財産を 売却しようとすれば 相続登記が必要です。

相続登記には遺産分割協議書作成には 法定相続人全員の承諾が必要です。

つまり 全員で話し合いが必要です。

 

相続問題は多くは相続税問題ではない。それ以前の問題


相続の問題といえば 相続税の問題と勘違いされている方

も多いかもしれませんが、実際は相続人間の調整です。

相続開始とともに大きく状況が変わります。

原則財産は相続財産にすべてなります。

すべて遺産分割協議での正式手続き以外では

ものが動かせなくなります。

これが大変です。

つまり誰も被相続人つまり亡くなった方のお金を引き出せません。

相続問題は 生きている人の問題


相続発生とともに お金もかかります。

葬儀 法事・・・・

今まで 被相続人のお金で生活していた人のお金が止まります。

被相続人の 銀行のお金も引き出せなくなります。

相続問題の本質は単独所有から法定相続人の共有へ


相続発生とともに すべての被相続人つまり亡くなられた方の

財産が法定相続人全員の財産になります。

誰一人 勝手に何も動かせなくなります。

遺言所がなければ遺産分割協議は 協議開催が大変


協議は 遺言書がなければ 協議を開かないといけません。

つまり 世話役が必要です。

協議を開くのも決めるのも 労力が大変です。

不動産の評価の問題も出てきます。

つまりまだ売れていないため金額が確定しないのです。

相続不動産売却の実務では相続人間の調整も必要


実際売却の業務より 相続人間調整のほうが

大変です。

本来不動産業者は 相続問題とは関係ありません。

しかし 相続人間調整ができなければ売却業務はできないでしょう。

このため 相続人に不動産について説明し 承諾をいただくことになります。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

相続や不動産トラブル・不動産取引(建築含む)については
不動産コラムも日々更新中。http://www.glory-house.co.jp/?cat=8

(株)グローリーハウス Tel:03-5942-7409
中野区新井2-2-1松本ビル 


代表取締役 森本和彦  携帯:090-5500-6303


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

この記事を書いた人
森本 和彦 モリモト カズヒコ
森本 和彦
中野にある不動産会社グローリーハウスの代表 森本です。 キャッチフレーズはあるべき姿への挑戦。勤務時代会社内で責任者として行ってきたことをさらに充実します。 最近の大企業のお客様に不便な縦割りシステムへの挑戦です。真に信頼される不動産業者を目指します。
subdirectory_arrow_right

関連した記事を読む

store

会社概要

株式会社グローリーハウス

お気軽にご連絡ください!

お問い合わせ

INQUIRY
必須
必須
郵便番号
※いたずらメール防止のため、ご協力をお願い致します
arrow_upward