株式会社グローリーハウス
10:00~21:00
年中無休(年末年始除く)
2018年02月10日
ブログ

中野区杉並区高低差のある土地有利な売却ポイント


中野区でも高低差が至る所にあります。

上高田地区 中野2丁目地区 中野3丁目地区

新井3丁目地区  松が丘地区

 

杉並区でも 和泉地区

など多くの地区で高低差があります。

今日は高低差がある土地の有利な売却についてお話しします。


一括査定が流行っていますが、実際の売買の現場では

高低差がある土地を有利に売却するポイントについてお話しします。

高低差がある土地は 専門知識と専門的実務経験がある人が行うのが最低限必要です。

担当者によって大きな差とトラブルの可能性


高低差が大きいと 事前に調査することが多くなります。

特に注意は 地中です。

地盤調査と 擁壁の返しのいち

高低差の数値です。深さ調査です。

ここは設計上の大きなポイントであり

建設費に大きな影響を与えます。

これによって買主さんが建築する際に大きな影響が出ます。

調査不足 説明不足で トラブルの可能性も


買主さんは 建物建築のために購入します。

ポイントは 建築費です。

また地中の状況で 設計や建築費が大きく変化します。

これを事前に調査して 買主さんにしっかり説明することが大切です。

役所とこ協議も 建築企画も 複雑です。


※ポータルサイトや他社で見た物件も弊社では取り扱っていますので、お気軽にご相談ください。有利な取引で少しお得になるかもしれません。

実際に弊社のお客様でお得になった例が多数あります。

 □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

相続や不動産トラブル・不動産取引(建築含む)については
不動産コラムをご覧くださいhttp://www.glory-house.co.jp/?cat=8

平成29年6月25日

中野区新井2-2-1松本ビル

(株)グローリーハウス

代表取締役 森本和彦

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
この記事を書いた人
森本 和彦 モリモト カズヒコ
森本 和彦
中野にある不動産会社グローリーハウスの代表 森本です。 キャッチフレーズはあるべき姿への挑戦。勤務時代会社内で責任者として行ってきたことをさらに充実します。 最近の大企業のお客様に不便な縦割りシステムへの挑戦です。真に信頼される不動産業者を目指します。
store

会社概要

株式会社グローリーハウス
arrow_upward