株式会社グローリーハウス
10:00~21:00
年中無休(年末年始除く)
2018年02月10日
ブログ

誤解が多い住宅ローン基準と住宅ローン減税の基準

誤解が多いものに住宅ローンの基準と住宅ローン減税の基準の差があります。

両社は全く異なります。

今日はこの違いについてお話しします。

住宅ローンの基準は各金融機関が定める。

住宅ローン融資の基準は民間である金融機関が侍従に定めます。

一例をあげれば 同じ都市銀行でも 建物の面積の基準を設けている

金融機関もあれば特になしという金融機関もあります。

住宅ローン減税は政府提案国会決議で決まる

住宅ローン控除は法律です。所得税の特例です。

所得税から直接引いてくれる税額控除ですので

手取りが多くなります。(経費扱いつまり所得控除ではありません。)

したがって実務上は政府提案実質上政権政党の決定に基づき

国会決議で決まります。

 

住まい給付金と住宅ローン減税は景気対策目的

住宅ローン減税 建物の延べ床面積など基準が多い

建物で行くと50平方メートル以上が住宅ローン控除の要件です。

中古住宅には要件があります。

実務上弊社では購入されるお客様のはすべてご案内させていただき

手続きまで案内しています。

 参考になるサイト

住まい給付金事務局

 

無料相談実施中  実務はわかっている人に聞くのが早い

わかりやすく実践的回答をしています。

電話でどうぞ

03-5942-7409


※ポータルサイトや他社で見た物件も弊社では取り扱っていますので、お気軽にご相談ください。有利な取引で少しお得になるかもしれません。

実際に弊社のお客様でお得になった例が多数あります。

 □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

相続や不動産トラブル・不動産取引(建築含む)については
不動産コラムをご覧くださいhttp://www.glory-house.co.jp/?cat=8

平成29年6月25日

中野区新井2-2-1松本ビル

(株)グローリーハウス

代表取締役 森本和彦

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
この記事を書いた人
森本 和彦 モリモト カズヒコ
森本 和彦
中野にある不動産会社グローリーハウスの代表 森本です。 キャッチフレーズはあるべき姿への挑戦。勤務時代会社内で責任者として行ってきたことをさらに充実します。 最近の大企業のお客様に不便な縦割りシステムへの挑戦です。真に信頼される不動産業者を目指します。
store

会社概要

株式会社グローリーハウス
arrow_upward