株式会社グローリーハウス
10:00~21:00
年中無休(年末年始除く)
2021年11月11日
ブログ

相続した借地の現金化は大変の理由 

相続で借地を取得することがあります。この時は大変です。

一つ目の問題は相続人が複数いて実際に借地を使っている人と使っていない人がいると大変です。

もうひとつ目の問題は、地主さんとの関係 話し合いです。実際問題法律も複雑で専門知識なく話し合いするんは無理です。感情問題があるからです。

 

今回は相続した借地の現金化の問題点についてわかりやすく解説します。

 

 

借地とは借地権付き建物のこと

借地とは建物所有目的で土地を借りていることです。

 

借地問題は相続発生で一気に問題爆発

借地問題は親が生きていて実際に借地を使っていたら問題はあまり発生しません。

しかし問題が発生するのは相続の時です。

 

 

相続発生時の借地問題

相続で借地は相続人全員に自動的に相続されます。(遺言がない場合)

つまり法律上は複数人の借地権者です。

 

次に問題となるのは財産分割です。借地権の分割ですがまず地主の反対にあうでしょう。

権利が複雑にならないように単独借地にしてほしいと言ってくるでしょう。

 

単独借地なら他の相続人は現金支払いが必要になります。果たして次の借地権者は現金の準備ができているでしょうか?

 

 

借地の売却での問題

借地権の売却は法律的には建物の売却と土地を借りる権利の地位譲渡です。

 

借主変更です。このために土地所有者さんの承諾が必要です。

 

譲渡承諾料が必要になります。

 

また多くの場合借地期間が短いことがありますので更新問題、新家賃、古い建物の建て替え問題、銀行からの借り入れの際の地主さんの承諾書などの問題があります。

 

それぞれの承諾には承諾料が必要で、まとめて売却のため地主さんと半試合をする必要があります。

 

相続の場合は、遺産分割会議で誰が借地権を相続するかをきちんと決める必要があります。

地代は誰が今後支払うのかも決めておく必要があります。

登記は建物登記のみになります。

売却方法は3種類 地主へ、第3者へ、借地底地交換、底地借地共同売却

実際の借地売却は地主さんとの話し合い次第です。地主さんへの売却、第3者への売却、底地借地の交換、底地と借地の共同売却いろいろあります。

借地売却の税金

これは土地売却の税金と同じです。

但し自宅として住んでいた相続人の場合は3000万円の特別控除が使える可能性が高くなります。

 

 

相続借地売買相談無料 電話でも 面談でも

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
大家さん,売主さんの悩み疑問解消します。相談無料です。
下記にあるフォームか、お電話にてお気軽にお問い合わせください。
 
 
株式会社グローリーハウス
(東京都中野区新井2-2-1松本ビル)
代表取締役 森本和彦


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
この記事を書いた人
森本 和彦 モリモト カズヒコ
森本 和彦
中野にある不動産会社グローリーハウスの代表 森本です。 約30年の準備を経て開業した珍しい総合専門不動産会社です。 専門知識や専門経験がないお客様でも安全に有利に不動産取引ができる体制を整えた会社です。 お客様に行っていただくことは、実現したい希望や、解決したい問題をできるだけ詳しくお話しいただくだけです。その後は希望に近い業務をオーダーメイドで案内いたします。 グローリーハウスは、売却業務と管理募集業務と特別依頼がある場合は専門的な有料相談業務を行っています。 多くの不動産会社が、短時間で儲かる一部分のみの作業しか対応しないのに対 し、お客様は総合的で専門的な相談をしたいという希望が強い傾向にあります。こんなまじめなお客様に総合的に対応する会社です。

メール相談受付中!!

今すぐお電話の方はこちら

お悩みや疑問点あればお気軽にお問い合わせください。

Inquiry
必須
必須
※いたずらメール防止のため、ご協力をお願い致します
arrow_upward