株式会社グローリーハウス
10:00~21:00
年中無休(年末年始除く)
2018年02月08日
ブログ

少子高齢化の日本世田谷区も例外ではない


長年少子高齢化といわれ続けていますがあまり有効な手は打たれていません。

様々な制約があるからです。

詳しくはまた別の機会にお話ししましょう。

今日は平成30年1月1日現在の世田谷区に人口についてみてみましょう。

世田谷区役所のホームページ

男性113人減 女性99人減


減少傾向です。

ただし世田谷区は人口が90万人もいますので、

横ばいと考えていいでしょう。

しかしポイントとしては人口が増えていないということです。

同じパイの中での競争 空室対策 売却対策


今問題となり弊社での主力業務としている

空室対策 売却対策を考える上で 人口の動向は最も重要です。

人口の増加時代は あらっもく言えばだれでも成功した時代

どの物件も満室となった時代でした。

これからは 人気物件だけが生き残る時代に突入しています。

本当に借りたい物件はたいへん不足している


実は人口減少とともに空室が多いのですが

本当に借りたい物件については対年不足しています。

 

空室対策は 本当に借りたい物件を企画することでしょう。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

相続や不動産トラブル・不動産取引(建築含む)については
不動産コラムをご覧くださいhttp://www.glory-house.co.jp/?cat=8

平成30年2月10日

中野区新井2-2-1松本ビル

(株)グローリーハウス

代表取締役 森本和彦

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
この記事を書いた人
森本 和彦 モリモト カズヒコ
森本 和彦
中野にある不動産会社グローリーハウスの代表 森本です。 キャッチフレーズはあるべき姿への挑戦。勤務時代会社内で責任者として行ってきたことをさらに充実します。 最近の大企業のお客様に不便な縦割りシステムへの挑戦です。真に信頼される不動産業者を目指します。
store

会社概要

株式会社グローリーハウス
arrow_upward