株式会社グローリーハウス
10:00~21:00
年中無休(年末年始除く)
2018年01月26日
ブログ

中野駅有利売却と売却査定と販売成約価格の関係 中野杉並不動産相談所


売却の際自分で売れれば簡単なのですが

これは現実的ではありません。

しかし 広告が多すぎて どこに依頼していいかわからない。

また 査定価格が多すぎてわからない。

長年 プロ売り主として 期限内に高く売らなければならない立場にあった

経験からお話ししましょう。

 

査定金額は 近隣マンションの販売成約価格から推定する

本来 3か月以内に 売却できる可能性が高い査定価格は

過去の成約価格を参考にしなければなりません。

実際の成約価格は決まっている。査定価格は大きく異なる。


まず 成約価格と査定価格は全く異なる。

この点が分かりにくいと思います。

本来 同じでなければならないのは 当然です。

ではなぜ違うのでしょう?

営業が入るからです。ノルマがあるからです。

ノルマが厳しいからです。

当然 売り主さんは 一番高いところに頼みたがります。

 

売れる価格は買主さんが決めるもの。査定価格は営業マンが売却依頼を受けるために決めるもの。


まずなぜ 売れる金額と 査定金額は違うのでしょう?

売れる金額は 買主さんが決めるものです。現実性のあるもの。

これに対し査定価格は 営業マンが売却依頼を受けるために数字を決めるもの。

 

売却依頼は 本当の売却価格を査定する会社に頼みますか?

頼みません夢物語を言う会社に頼みます。

これが 最大の落とし穴です。

 

プロは査定金額は全く気にしません。 売却希望価格は自分で決め 担当者は業務代行するだけです。


ここで 売却のプロはどうしているのでしょうか?

そもそも査定しません。

自分で希望価格を決め

その希望価格に沿って売却活動するだけです。

単純に業務をするだけです。

プロの行う有利取引とは 不利取引をしないことです。


プロが行わない 不利取引とは

狭い範囲で取引しないこと

これは 売却を依頼した会社が囲い込みをしないことです。

売却を依頼した会社が 両手数料が多ければ 囲い込みをしているわけです。

平均取引価格の3%+6万の消費税例えば 

平均取引価格 4000万円なら 136万円ですから 

160万くらいなら囲い込み

170万円なら 相当な囲い込みですね。

 

 

囲い込みさえしなければ 不利取引はほとんどない。


実際 囲い込みさえしなければ

売却はある程度専門家が行えば 誰がやっても大きく変わりません。

これが プロの世界の常識です。

 

プロは 付加価値を高くして つまり価値を高くして売る。

同じものはだれがやっても 大きくは変わりません。

 

ただし100万くらい高く売ることはできますよ。

売る人によって 

 

 □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

相続や不動産トラブル・不動産取引(建築含む)については
不動産コラムをご覧くださいhttp://www.glory-house.co.jp/?cat=8

平成29年6月25日

中野区新井2-2-1松本ビル

(株)グローリーハウス

代表取締役 森本和彦

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
この記事を書いた人
森本 和彦 モリモト カズヒコ
森本 和彦
中野にある不動産会社グローリーハウスの代表 森本です。 キャッチフレーズはあるべき姿への挑戦。勤務時代会社内で責任者として行ってきたことをさらに充実します。 最近の大企業のお客様に不便な縦割りシステムへの挑戦です。真に信頼される不動産業者を目指します。
store

会社概要

株式会社グローリーハウス
arrow_upward