株式会社グローリーハウス
10:00~21:00
年中無休(年末年始除く)
2018年01月07日
ブログ

不動産売却トラブル 各専門家の常識と不動産取引の常識は大きく異なる


不動産取引の現場に長年いると 多くのトラブルに巻き込まれます。

その多くが 意外と大手不動産会社や 各専門家が絡んでいるケースです。

 

原因は根本の目的や依頼者の全体計画を理解していないこと


なぜ 一般に信用力が高いと思われている大手不動産会社や

各専門家がトラブルの原因を作るのでしょうか?

 

トラブルのたびに事情を聴くと 言い訳ばかりします。

本当に取引する人のことを考えているのでしょうか?

答えは 全く考えていません。

 

また多くの言い訳が 私はここしか頼まれていない。

私の見解は ・・・

 

勘違いも甚だしい。

 

 

依頼者は 全体責任を期待して頼むのが常識


通常依頼する法としては 問題が起きないことを期待して

大手や専門家に頼みます。

 

ところが頼まれた各専門家は全体計画も理解せず

自分勝手にやっています。

ここが問題の発生原因です。

マニュアルでは問題が起きる。

 

基本は依頼者の安全取引 そのための仕事


すべては 依頼者の不動産取引で問題が出ないようにするのが本物

の専門家です。

自分の頭でしっかりと基本を理解することが大切です。

 何十万ではなく 何千万 何億 の一部の仕事


各分野の専門家の仕事は 何千万何億の仕事の一部を行っていることを

理解していないからトラブルが発生することが多いですね。

総合的 管理者が必要

不動産取引では 彼かがミスしたので 仕方ありませんでは通用しません。

 

不動産会社は責任の重さが違います。

全体責任がありますので 各分野の専門知識と 各専門家の仕事の管理能力が必要です。

 □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

相続や不動産トラブル・不動産取引(建築含む)については
不動産コラムをご覧くださいhttp://www.glory-house.co.jp/?cat=8

平成29年6月25日

中野区新井2-2-1松本ビル

(株)グローリーハウス

代表取締役 森本和彦

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
この記事を書いた人
森本 和彦 モリモト カズヒコ
森本 和彦
中野にある不動産会社グローリーハウスの代表 森本です。 キャッチフレーズはあるべき姿への挑戦。勤務時代会社内で責任者として行ってきたことをさらに充実します。 最近の大企業のお客様に不便な縦割りシステムへの挑戦です。真に信頼される不動産業者を目指します。
store

会社概要

株式会社グローリーハウス
arrow_upward