株式会社グローリーハウス
10:00~21:00
年中無休(年末年始除く)
2018年01月04日
ブログ

売主さんの疑問解消します不動産取引はゴールから考えるとわかりやすい。売却編


私はいつも 計画を立てる際 ゴールから考えます。

皆様はいかがでしょうか?

一番わかりやすいのは、受験ですね。

期日オーバーしたら意味ありませんね。

不動産も同じです。

売却のケース 売却の最終段階?


お金の受け取りですね。

確実ですか?

これが大問題です。

ここでつまずいたら最初からやり直しです。

ではどうしたらいいでしょうか?

現金のお客様に売る

これは 不動産の場合は 少ないですね。

では 融資の可能性が高い人に売る。

融資の可能性が高いとは?融資の審査の実態?


融資する金融機関が 審査するのは 価格の妥当性です。

担保評価です。

問題がないか同課です。

土地なら 境界画定がされているかです。

築年数

私道の場合は 通行掘削承諾書です。

 

融資に問題ない状態は 売却前に準備が重要


売却前に 事前に融資で問題になる点は準備しておかなければ

融資の審査はいったん質問が出ると合格しにくくなります。

実際審査している人が一番よく知っています。

審査官が合格させやすいように準備しておくことが大切です。

 

ほとんどの方が費用が先にかかるので準備しません。

プロは必ず基本通り先に準備します。

売却相手が重要


売却相手の選択は最重要です。

金額が少し高くても 支払い能力やトラブル性のある人に

売ってはいけません。

良く不動産会社の 社員でもこの間違いを起こしトラブルになって結果的に

自分で処理できなくなることがあります。

購入契約は内見から  内見はたった一度の勝負です


売却は たった一度の内見でほとんどの方が 決まます。

購入された方のほとんどが 初めて見て3分程度で決定されています。

これほど重要です。

現物がすべてです。

イメージがすべてです。

 

プロは 売るためだけに クロスの張替などを行います。

住みながら売る場合は いつでも内見できるようにしておきましょう。

 □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

相続や不動産トラブル・不動産取引(建築含む)については
不動産コラムをご覧くださいhttp://www.glory-house.co.jp/?cat=8

平成29年6月25日

中野区新井2-2-1松本ビル

(株)グローリーハウス

代表取締役 森本和彦

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
この記事を書いた人
森本 和彦 モリモト カズヒコ
森本 和彦
中野にある不動産会社グローリーハウスの代表 森本です。 キャッチフレーズはあるべき姿への挑戦。勤務時代会社内で責任者として行ってきたことをさらに充実します。 最近の大企業のお客様に不便な縦割りシステムへの挑戦です。真に信頼される不動産業者を目指します。
store

会社概要

株式会社グローリーハウス
arrow_upward