株式会社グローリーハウス
10:00~21:00
年中無休(年末年始除く)
2020年09月17日
ブログ

相続財産分割会議、相続不動産売却サービスのグローリーハウス

相続はだれしも50代以上の方なら経験することでしょう、この時大変なのが相続財産の分割です。親族間の親睦でなく財産の取り合いです。相続財産が現金だけならまだ楽ですが、不動産があると大変です。

そんな相続の大変なことを円満に行うサービスを行っているのが東京の中野に事務所を置くグローリーハウスです。

なぜ相続財産分割は大変?ルールを知らない人が行うから

相続財産分割が大変な理由は、分割の国が決めたルールを知らない人が集まって会議をするからです。

つまり相続財産の分割の専門家が不在で会議をするからです。

どんなことでもルールを知らない人達が行うと大混乱になります。

想像してみてください 自動車の運転でも、試合でも

相続財産の価値がわからない人通しが配分を巡って話し合うから

相続財産が現金だけなら子供でも簡単に分けられるでしょう。なぜか金額は誰が見ても同じだからです。しかし不動産の価値は簡単にはわかりません。100万円と思う人もいれば200万円だとおもうひともいます。

実際に売却してみないとわかりません。

不動産売却には様々な国の決めたルールがある

不動産の売却には国が決めた様々なルールがあります。これは過去においてトラブルが多く発生しているために対策を作ったからです。

法律や行政の指導、法務局などの登記の実務、裁判所の判断などです。また金融機関のルールもあります。

不動産売却と相続財産分割会議は同時並行に行うのが現実的

相続財産分割の理想は、分割後は各相続人が一人ですべてを決定できる状態です。つまり単独所有状態です。

現金の状態です。

相続財産が不動産の場合は、いったん売却して現金にしてから分けなければいけません。

売却には事前に準備費用が必要になります。このような売却についても相続分割会議で話し合っておくことが必要です。

共有不動産の特殊性

相続分割会議で不動産をとりあえず共有にする場合が多いですが、共有は問題の解決ではありません。一時的な保留状態です。共有物の分割を行って単独所有にして初めて解決です。

共有不動産は特殊な扱いをします。固定資産税は筆頭者に全額の請求が来ます。連帯納付義務です。

各自が売却できる権利も持ち分だけです。

誰も一人では不動産全体は売却できません。

相続財産分割の専門知識を持たない相続人を総合的にサポート

相続財産の分割の専門知識を持たない相続人の方に対する、不動産売却も含めた総合的なサービスを行っているのが東京都中野区にあるグローリーハウスです。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
大家さん,売主さんの悩み疑問解消します。相談無料です。
下記にあるフォームか、お電話にてお気軽にお問い合わせください。
 
 
株式会社グローリーハウス
(東京都中野区新井2-2-1松本ビル)
代表取締役 森本和彦


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
この記事を書いた人
森本 和彦 モリモト カズヒコ
森本 和彦
中野にある不動産会社グローリーハウスの代表 森本です。 キャッチフレーズはあるべき姿への挑戦。勤務時代会社内で責任者として行ってきたことをさらに充実します。 最近の大企業のお客様に不便な縦割りシステムへの挑戦です。真に信頼される不動産業者を目指します。

メール相談受付中!!

今すぐお電話の方はこちら

お悩みや疑問点あればお気軽にお問い合わせください。

Inquiry
必須
必須
※いたずらメール防止のため、ご協力をお願い致します
arrow_upward