株式会社グローリーハウス
10:00~21:00
年中無休(年末年始除く)
2020年09月17日
ブログ

不動産売却契約内容文面の重要性 初心者の方のための不動産売却教室

不動産売却は成功すれば大金が手に入り、反対に失敗すれば大損害が発生します。

この責任は売主さんや買い主さんが負います。原則として不動産会社に責任はありません。

 

このことを十分理解したうえで、契約内容の文書を作成する必要があります。

実際に契約文作成代行するのは不動産会社ですが、内容決定はあくまでも売主さんと買い主さんの責任と判断で行います。

考え方や常識が全く異なる人が契約書だけで約束

不動産の売却は、まったく知らない人との取引です。考え方も常識も生活環境もすべて異なる人どうしです。唯一の約束は売買契約書です。

契約書の内容通りの不動産を引き渡さないと約束違反

今回の民法改正で、目玉の一つは不動産売却の契約不適合責任です。売主は契約に適合した不動産を引き渡さなければならない責任があるという考え方です。できなければ契約の解除や損害賠償が求められます。

約束違反は大きな罰則 代金返還、損害賠償

売主さんが売買契約に合致しない不動産を引き渡した場合は、罰則を受けます。主な罰則は契約の解除、代金返還。損害があれば損害賠償の責任も負います。

売主と買い主の意見が食い違ったら裁判官の判断

売主さんと買い主さんの意見が異なれば、売買契約書と証拠に基づいて裁判となり、第三者である裁判官の判断になります。

裁判の想定で契約書の内容文書は具体的に作成する

裁判となった場合に備えて、契約書は具体的で明確であり、第3者が読んでも判断が分かれない契約書を作成しないといけません。

契約書の作成は不動産仲介会社が行うが、不動産会社は内容責任は持たない

売買契約の契約書の作成の代行は不動産会社が行いますが、不動産会社が責任を負うわけではありません。

契約内容は売主さんが責任を負う

あくまでも内容については売主さんと買い主さんが決め、決めた契約について責任を持ちます。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
大家さん,売主さんの悩み疑問解消します。相談無料です。
下記にあるフォームか、お電話にてお気軽にお問い合わせください。
 
 
株式会社グローリーハウス
(東京都中野区新井2-2-1松本ビル)
代表取締役 森本和彦


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
この記事を書いた人
森本 和彦 モリモト カズヒコ
森本 和彦
中野にある不動産会社グローリーハウスの代表 森本です。 キャッチフレーズはあるべき姿への挑戦。勤務時代会社内で責任者として行ってきたことをさらに充実します。 最近の大企業のお客様に不便な縦割りシステムへの挑戦です。真に信頼される不動産業者を目指します。

メール相談受付中!!

今すぐお電話の方はこちら

お悩みや疑問点あればお気軽にお問い合わせください。

Inquiry
必須
必須
※いたずらメール防止のため、ご協力をお願い致します
arrow_upward