株式会社グローリーハウス
10:00~21:00
年中無休(年末年始除く)
2017年12月22日
ブログ

大家さんの疑問解消中野駅徒歩でも空室対策は必要? 中野杉並不動産相談所


5年位前まで中野駅徒歩10分以内は 空室の心配は不要でしたが

現在は違いますね。

さて中野区の状況を見てみましょう。

中野区というと若者が多いというイメージが多いのですが

実は5人に一人が65歳以上の高齢化社会の例外ではありません。

人口も減少

平成29年12月23日新井2丁目の空室 約58室


これを多いとみるか少ないとみるかです。

 

私は経験上 借りたい人の人口が増えていないと多い気がします。

 

中野区の人口は日本人50人減少外国人44人増合計6人減少


これが現実です。

隣の杉並区は人口が毎月少し増えていますが大きくは増えていません。

人口が減るときは 若者が減っている 借りる人が減る


不動産が好景気な条件は 人口 (借りる人)が増えていることが絶対条件です。

今減ってきています。

増えているのは65歳以上の人口ですが、この年齢の方は部屋を新規で借りる可能性

は少ないのです。

同じパイの奪い合い 空室対策  早いもの勝ち


今これが現実です。 あまり楽観視もできません。

 

 

中野駅 徒歩10分以内は 空室対策の効果が大きい


空室対策は 立地が良いほど 効果は大きくなります。

 

駅から遠いと 何よやってもなかなか効果は出にくくなります。

駅10分以内で空室は 何かが間違っている


長年 不動産売買や 賃貸管理を行っていると

貸したい人と 借りたい人

売りたい人と 借りたい人

ここにずれがあります。

このずれ ミスマッチをなくせばいいのです。

空室対策は 自然の流れに戻すこと


中野駅徒歩10分以内で空室はおかしいと思います。

 

何かが間違っています。

 

間違いを直せばよくなります。

 

障害物を取り除きましょう。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

相続や不動産トラブル・不動産取引(建築含む)については
不動産コラムをご覧くださいhttp://www.glory-house.co.jp/?cat=8

平成29年12月23日

中野区新井2-2-1松本ビル

(株)グローリーハウス

代表取締役 森本和彦

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
この記事を書いた人
森本 和彦 モリモト カズヒコ
森本 和彦
中野にある不動産会社グローリーハウスの代表 森本です。 キャッチフレーズはあるべき姿への挑戦。勤務時代会社内で責任者として行ってきたことをさらに充実します。 最近の大企業のお客様に不便な縦割りシステムへの挑戦です。真に信頼される不動産業者を目指します。
store

会社概要

株式会社グローリーハウス
arrow_upward