株式会社グローリーハウス
10:00~21:00
年中無休(年末年始除く)
2020年07月23日
ブログ

中野区コンサルタント事例 コンサルタント対応範囲は中野区から一都3県に

不動産コンサルタント業を始めて間もなく5年、意外と多いですね。一般に不動産コンサルタントに依頼するには相当ハードルが高いと思っている方もいらっしゃいますが実際にご利用いただいたお客様は、反対に不動産コンサルタントを利用しないでよく高額の不動産売買などする人は信じられないという感覚でしょう。さて今回は中野区でのご利用についてお話ししましょう。

中野区での不動産コンサルタントとの出会い

創業以来中野区では不動産セミナーを多く開催していますので多くの方が、不動産コンサルタントをご利用いただいています。また紹介をいただいてご利用ということもあります。

中野区不動産コンサルタントご利用例①賃貸入居者関係問題

賃貸の入居者さん関係の不動産コンサルタント事例を紹介しましょう。賃貸経営の大家さんにとって問題は①空室②家賃滞納③入居者さんのマナーです。このうち相談があったのは①②③の総合問題でした。つまり入居者さん管理総合問題でした。入居者さんと連絡が取れない家賃も長期間滞納しているというものでした。夏の暑い日弊社の事務所に相談にいらっしゃいました。過去何人かの方に相談したが解決できなかったようです。

対応

弊社の一番の特徴は調査です。現地調査、関係者聞き取り調査などで解決策を探していきます。

この事例では、何度も時間帯を変えながら現地訪問し長期不在と判断し、解決策を探しました。結果は4か月後円満解決相談者の方は長年気分が重かったが、気持ちが楽になったと大変喜ばれました。

 

もっと早く相談すればよかった。しかし簡単な仕事はどの不動産会社でも頼めるが、困ったときはどの不動産会社にも断られる。解決できる不動産会社を探すのは非常に大変でした。とおっしゃっていました。

中野区不動産コンサルタントご利用例②相続対策関係

弊社で相談が多いのは相続財産関係です。中野区の事例では相続対策の総合計画の問題点と注意点についてでした。多くの地主さんはすでに相続対策として賃貸経営を行っています。しかし多くの場合不動産コンサルタントに依頼して総合計画作成を行っている場合は事情に少ないのが現実です。

 

今回の事例もそうでした。計画はしたが総合的税制的にはどうか?管理業務的にはどうか?管理報酬はどうか?病気特に認知症になった時の対策はどうか?財産管理会社についてはどうか?という総合的なものでした。

 

夏の暑い日ご夫婦で弊社の事務所まで相談にお見えになりました。一つ一つ基本的な重要ポイントを説明しました。

税制なら生前なら所得税、贈与なら贈与税、財産管理法人への賃貸不動産移転なら譲渡所得税、認定課税問題などです。

認知症対策なら元気なうちにできるのは、家族信託、家族信託でできない分野は任意後見

元気なうちは自分に権限を持っておきたいなら停止条件付契約などです。

 

管理業務の重要ポイントは、建物定期修繕遅れると被害が先に出て2次被害が発生一般的にビルは13年ごとに大修繕が望ましいこと。一回の大修繕は規模が大きいので最低2000万円くらいかかること。

 

以上個別の専門家に依頼していれば、具体的な相談の仕方までお話ししました。相談対応の2時間があっという間でしたが、お帰りの際は疑問が晴れたのかすっきりされていました。

 

相談は当然一回では終わらず数回続き累計10時間近くに及びました。

中野区不動産コンサルタント活用事例③売却相談

これは毎月定期的に中野駅前で不動産売却についてお話ししていますので、参加された方からの相談です。

多いのは売却価格が適正か?その根拠は何か?というものです、つまり多くの売主さんは一番重要な不動産売却の基本が理解できていないのです。

不動産売却セミナー終了後の相談も多いですね。

 

適正価格の考え方を説明すると安心されます。

 

買い替えの場合の売却可能価格の相談もありました。この場合は間違いを指摘し、明確な根拠を説明すると、納得していました。

創業年から売買仲介、不動産コンサルタント業務は一都3県に

弊社の考えはお客様の問題解決と夢実現だけです。このため売買仲介業務も不動産コンサルタント業務のお客様も中野区だけでなく神奈川県、千葉県、埼玉県に広がり過去に依頼いただいた案件はすべて成功できました、お客様の大変喜んでいただきました。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
大家さん,売主さんの悩み疑問解消します。相談無料です。
下記にあるフォームか、お電話にてお気軽にお問い合わせください。
 
 
株式会社グローリーハウス
(東京都中野区新井2-2-1松本ビル)
代表取締役 森本和彦


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
この記事を書いた人
森本 和彦 モリモト カズヒコ
森本 和彦
中野にある不動産会社グローリーハウスの代表 森本です。 キャッチフレーズはあるべき姿への挑戦。勤務時代会社内で責任者として行ってきたことをさらに充実します。 最近の大企業のお客様に不便な縦割りシステムへの挑戦です。真に信頼される不動産業者を目指します。

メール相談受付中!!

今すぐお電話の方はこちら

お悩みや疑問点あればお気軽にお問い合わせください。

Inquiry
必須
必須
※いたずらメール防止のため、ご協力をお願い致します
arrow_upward