株式会社グローリーハウス
10:00~21:00
年中無休(年末年始除く)
2020年06月02日
ブログ

コロナウイルス緊急事態宣言解除後の中野区杉並区大家さんの生き残り戦略

コロナウイルス緊急事態宣言が5月末に解除された東京都ですが、飲食店の売り上げはコロナウイルスショック前の50%程度です。

飲食店などのテナントに対する緊急経済対策で家賃補助政策も出てきましたが

非常に小さなものです。

この苦しいテナントからの要請は家賃減額や滞納などの形で大家さんへ影響が出ています。

今日はテナントや入居者さんへの対応についての注意点についてお話しします。

基本的な考えは大家さんとして助けるか?、見放すか?

大家さんとしての対応はずばり助けるか?見放すかしか選択肢がありません。

国も不動産の団体に対して柔軟に対応してほしいとの連絡を出しています。

国による強制休業でみんな苦しい時 応援する大家さんが多い

今大家さんの状況は、入居者さんや、テナントの家賃減額等で応援する大家さんが

大井のが現実のようですが、大家さんにも銀行支払いなどもあり限界があります。

飲食店テナントだけでなく、従業員の居住用にも大きな影響

飲食店のテナントだけでなく、飲食店で働く従業員の収入も激減し家賃が払えない

状態も多く出ていると思います。

 

具体的な対応策は管理会社に相談が一番

具体的な対応策は管理会社に相談するのが一番良いです。

毎月管理料という相談料を支払っていると思います。

管理会社責任者を経験して実際に各種トラブルを処理してきたから

よくわかります。

最悪な対応はテナントや入居者さんとトラブルで事件事故

一番最悪なのは、テナントや入居者さんとのトラブルで事件事故に発展することです。

令和2年6月14日 中野駅前不動産セミナーでコロナ対策をお話しします

今回のコロナショックは、リーマンショックをはるかに超えるものです。

6月14日の中野不動産セミナーのテーマはコロナショック対策です。

具体的にどんな影響?

生き残るにはどんな方法

チャンスは?

こんなテーマでお話しします。

後半では出席者の方の具体的な質問にお答えします。

参加費2000円

 

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
大家さん,売主さんの悩み疑問解消します。相談無料です。
下記にあるフォームか、お電話にてお気軽にお問い合わせください。
 
 
株式会社グローリーハウス
(東京都中野区新井2-2-1松本ビル)
代表取締役 森本和彦


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
この記事を書いた人
森本 和彦 モリモト カズヒコ
森本 和彦
中野にある不動産会社グローリーハウスの代表 森本です。 キャッチフレーズはあるべき姿への挑戦。勤務時代会社内で責任者として行ってきたことをさらに充実します。 最近の大企業のお客様に不便な縦割りシステムへの挑戦です。真に信頼される不動産業者を目指します。

メール相談受付中!!

今すぐお電話の方はこちら

お悩みや疑問点あればお気軽にお問い合わせください。

Inquiry
必須
必須
※いたずらメール防止のため、ご協力をお願い致します
arrow_upward