株式会社グローリーハウス
10:00~21:00
年中無休(年末年始除く)
2020年05月04日
ブログ

コロナ対策に学ぶ組織トップの重要性は不動産会社選びでも大いに参考になる

コロナウイルス対策、自然でわかりやすく言えば生物化学兵器対策、日本だけ

対策が非常に遅れました。今でも検査隔離が非常に遅れています。

台湾、韓国、ドイツなどは2月くらいから対策、4月には終了、大規模検査隔離

日本と何がちがっていた?トップの考えがちがっていた。このことは不動産会社選びでも

同じことが言えます。大いに不動産会社選びの参考になります。

 

コロナウイルス対策トップが本気で動かないと解決しない

コロナウイルス対策、生物k学兵器対策も組織のトップが動かないと解決しません。

自衛隊も外交も警察も医療も実質上組織のトップの管理下にあります。

なぜ検査も隔離も日本はうまくいかない?

一言でいえばトップの決断がないからでしょう。

生物化学兵器が何らかの原因でばらまかれたというのが、自然の見方でしょう。

こんなときトップの決断次第で何でも非常事態体制が取れるでしょう。

実質的な管理下に全省庁の公務員だけでも数万人単位いるでしょう。

自衛隊も警察も医療機関も製薬会社も実質上管理下です。

わざわざ少人数の保健所の職員や少数の専門病院、少数の検査機関にこだわる必要はないでしょう。

 

不動産会社でも同じ 社長に権限が集中 独占

振り返って不動産会社をると不動産会社も社長の決断次第で、何でもできてしまいます。

反対に社長の決断がなければ、何もできないのが現実でしょう。

不動産会社の実態 国の法律より 上司命令 社長命令が実態

不動産会社は大手、中小問わず社長の権限が非常に大きいのが実態でしょう。

現場には決定権は何もないとったところでしょう。

不動産売買は現場が担当 しかし現場に判断権、決定権がないと?

今回のコロナ対策と同じことが起こっているでしょう。

現場担当者は理解しても、決定できない。

不動産のお客様の不安、ストレスの大きな原因は❓話が通じない、遅い

不動産売買のお客様の不安やストレスの最大の原因は、担当者と話が通じない

質問しても回答が遅い

これも大きな原因の一つに現場に決定権者がいないからです。

私が長年体験してきた問題解決法 お客様が安心決定権者集合相談で解決法は一瞬で決まる

私が長年問題発生の時に実体験したのは、スピーディーに決定権者が集合し

し相談すると解決はあっという間ということです。

まとめ

コロナ問題も不動産会社選びもトップしだい、不動産会社選びもトップ

選びに他ならない。

現場に専門家も決定権者もいなければ苦労するのはお客様自身です。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
大家さん,売主さんの悩み疑問解消します。相談無料です。
下記にあるフォームか、お電話にてお気軽にお問い合わせください。
 
 
株式会社グローリーハウス
(東京都中野区新井2-2-1松本ビル)
代表取締役 森本和彦


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
この記事を書いた人
森本 和彦 モリモト カズヒコ
森本 和彦
中野にある不動産会社グローリーハウスの代表 森本です。 キャッチフレーズはあるべき姿への挑戦。勤務時代会社内で責任者として行ってきたことをさらに充実します。 最近の大企業のお客様に不便な縦割りシステムへの挑戦です。真に信頼される不動産業者を目指します。

メール相談受付中!!

今すぐお電話の方はこちら

お悩みや疑問点あればお気軽にお問い合わせください。

Inquiry
必須
必須
※いたずらメール防止のため、ご協力をお願い致します
arrow_upward