株式会社グローリーハウス
10:00~21:00
年中無休(年末年始除く)
2020年05月03日
ブログ

初動の判断が9割短期成功のポイントコロナも不動産売買も同じ

今コロナ問題が人財問題であることが批判の的になってきました。

これは不動産問題・建設問題にも共通するのでお話ししましょう。

初動で間違っている 感染症の対応じゃない

今回のコロナ問題が国を亡ぼすレベルになっているのは、初動判断の間違いが大きな原因でしょう。

平時の対応でした。

 

初動判断の間違いの原因 判断権者が素人だったこと

初動判断が間違っていた大きな原因は判断権者が素人だったことかもしれません。

危機対応の専門家が対策を担当した外国と大きな差が出ました。

初動だんだん間違い 間違った情報

初動判断も間違い 

間違った情報で素人が間違った判断間違った対策 で結果は?

今結果が出ています。

計画通りです。

最初からプロならこうなることは予想できたはず。

不動産関係も 素人が間違った情報で初動判断 結果はコロナと同じ

不動産でも同じです

素人は現状の延長線上で備える・プロは初動で最悪の状況に備える戦略

素人とプロの違いは何か?

初動で最悪お状況に備えるかどうか?

素人は現状の延長線上で考える

のろい長期戦は当事者に大きな不安とストレス、大損害を生む

同じ内容の対策でも、遅いと当事者に大きな不安、ストレス

などはかり知れません。結果的に大損害を発生させます。

不動産売却などでも多くの教訓となったコロナ対策

不動産売却などでも多くの売主さんが間違って今回の国の対策と同じことをします。

初動で間違って、遅い対応でどんどん追い込まれて、ストレスがたまります。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
大家さん,売主さんの悩み疑問解消します。相談無料です。
下記にあるフォームか、お電話にてお気軽にお問い合わせください。
 
 
株式会社グローリーハウス
(東京都中野区新井2-2-1松本ビル)
代表取締役 森本和彦


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
この記事を書いた人
森本 和彦 モリモト カズヒコ
森本 和彦
中野にある不動産会社グローリーハウスの代表 森本です。 キャッチフレーズはあるべき姿への挑戦。勤務時代会社内で責任者として行ってきたことをさらに充実します。 最近の大企業のお客様に不便な縦割りシステムへの挑戦です。真に信頼される不動産業者を目指します。

メール相談受付中!!

今すぐお電話の方はこちら

お悩みや疑問点あればお気軽にお問い合わせください。

Inquiry
必須
必須
※いたずらメール防止のため、ご協力をお願い致します
arrow_upward