株式会社グローリーハウス
10:00~21:00
年中無休(年末年始除く)
2020年04月28日
ブログ

中野区杉並区不動産売り主さんに誤解が多い一括査定の仕組みとデメリット

私が今年1月に行った勉強会でのこと

一括査定を依頼したら

大変なことになりました。

毎日毎日売込みの電話攻勢

精神的に参ってしまいました。

 

多くの方は売却査定の仕組みと実態を誤解

多くの売主さんは売却査定という広告を知らずに依頼しています。

売却査定は広告です。

売りたい人の個人情報を入手して不動産会社が営業に使えるようにするための仕組みです。

一括査定のおすすめ記事 高く売れた広告につられて

一括査定のおすすめ記事と高く売れたという誘惑広告に引かれて

やってくる

獲物がかかるのをじっと待っている

価格調査はする しかし一括査定信用しない利用しない

プロ売り主さんも価格調査は行っています。

しかし一括査定は信用もしませんし、利用もしません。

なぜか?

実態を知っているからです。

無料で○○する人が本当にいますか? それボランティアです。

無料で何かする人いますか?

高い志と危険な仕事を自ら志願してなっている公務員の人だって

無給で働いている人いませんよ おそらく一人も

みんな金のため

一括査定の人公務員でなく民間人です。

一括査定 無料の裏に大きな金儲けが  裏の仕組み

無料の裏には大きな金儲けがあるのが普通です。

一括査定の会社は単なる宣伝会社です。

お客様は? 不動産会社です。

一括査定の依頼さえしてくれれば宣伝会社にお金が入ります。

一括査定依頼情報を不動産会社に高いお金で売っているのです。

一括査定の依頼をしたお客様情報を買った不動産会社は電話や訪問で

売却の依頼の売込みを行う仕組みです

自分自身で価格調査するか 信頼できる会社に調査依頼が一番

不動産は高額

無料の怪しい物より自分で調べるか?

信頼できる不動産会社に依頼して調べてもらうことが一番です。

売り主さんご存知でしたか?国は価格査定の考え方を明確に決めています

売り主さん 価格査定の意味や方法について国がきちんと決めていることをご存知でしたでしょうか?

たとえば価格査定とは不動産の売却を依頼した場合の価格についての

不動産売却を依頼された不動産会社が行う無料の価格調査です。

国は価格査定とは3か月以内に売却できる可能性が高い金額と定めています。

不動産会社が価格について意見を言う場合には、根拠を述べなければならない。

 

不動産鑑定とは全く異なります。

国はどの不動産会社でも価格査定ができる仕組みを作っている

国はどの不動産会社でも価格査定ができる仕組みを作っています。

自分で不動産価格の調べ方 過去の成約情報と売り出し情報

一般的な価格査定は3種類です。

取引事例比較法

過去の成約事例や売り出し価格から推定する方法です。

ポイントは同じ条件の物件を比べます。

原価法

たとえば中古一戸建てなら土地と建物価格と諸経費が原価です。

中古建物は今建てたときの金額から古くなったつまり価値の下がった金額を差し引きます。

収益還元法

投資に使う考えです。

アパート 家賃から売買価格を割り出す方法です。

東京の新築アパート 表面利回り6%くらいです。

年間家賃が100万円なら アパートは6000万円となります。

毎月新築アパートの情報が私の手元に届きます。

なかなかいい物件ばかりです。

これは実際プロ売り主が使っている方法

3つの価格査定方法はプロ売り主さんが実際使っている方法です。

多くの売主さんは、取引事例比較法で計算しています。

これに原価法を組み合わせています。

なぜ知っているか?

私が実際に勤務した会社で行っていたからです。

ビル・アパート・一戸建てで少し異なります。

まとめ   最後は売り主さんの判断

いかがだったでしょうか?

価格査定の考え方は理解できたでしょう。

不動産売買の世界は外部からは理解できない世界です。

しかし多くのことを国が決めています。

ほとんど建設省時代 昭和の後半に決まっています。

これを国土交通省が引き継いでいます。

 

最後いいか悪いか?利用するかどうかは売り主さんの判断次第です。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
大家さん,売主さんの悩み疑問解消します。相談無料です。
下記にあるフォームか、お電話にてお気軽にお問い合わせください。
 
 
株式会社グローリーハウス
(東京都中野区新井2-2-1松本ビル)
代表取締役 森本和彦


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
この記事を書いた人
森本 和彦 モリモト カズヒコ
森本 和彦
中野にある不動産会社グローリーハウスの代表 森本です。 キャッチフレーズはあるべき姿への挑戦。勤務時代会社内で責任者として行ってきたことをさらに充実します。 最近の大企業のお客様に不便な縦割りシステムへの挑戦です。真に信頼される不動産業者を目指します。

メール相談受付中!!

今すぐお電話の方はこちら

お悩みや疑問点あればお気軽にお問い合わせください。

Inquiry
必須
必須
※いたずらメール防止のため、ご協力をお願い致します
arrow_upward