株式会社グローリーハウス
10:00~23:00
年中無休(年末年始除く)
2020年04月09日
ブログ

コロナウイルス緊急事態宣言で大きく変わる中野区杉並区不動産売却と売り主さんの生き残り戦略

今回のコロナウイルス緊急事態宣言は戦後初の大問題です。

様々な問題がありますが、不動産の売却についての大きな変化についてお話しします。

コロナウイルス大不況で不動産売却が大きく変わる 買主さんの減少

コロナウイルス不況で不動産価格は大きく変わるでしょう。

特に飲食店のビルの値段は、下がってくるでしょう。

もう一つは、売買で買主さんの数が減ってくるでしょう。

東京都心部及び近郊の商業地の不動産価格

コロナウイルス問題で大きな損害を受けたのは、第一は飲食店です。

特にお酒が飲めるお店です。

お酒が飲めるお店の家賃は一般に高くこのため不動産価格が高くなっていました。

ところがどうでしょうか?

大損害を受けた飲食店の多くは高い家賃は払えません。

家賃が下がるでしょう、これと連動してビルの価格も下がるでしょう。

 

東京近郊住宅街にも大きな影響

東京都心の近郊の住宅街にも、コロナ不況は大きな影響を及ぼします。

都心で働くサラリーマンの収入は大きく減少するでしょう。

大企業もボーナスが大きく減少するでしょう。

居住用の賃貸経営大家さんにも大きな影響

賃貸マンション・アパート経営の大家さんにも影響が出ます。

空室は今までの家賃で決まらない

そもそも部屋探しをする人は激減するでしょう。

一番安心だったのは去年不動産売却された売り主さん

昨年、一昨年は東京都心近郊の不動産価格は非常に高騰していました。

この時期に売却された売り主さんは今現金が手元にあって安心です。

 

いつも短期売却を目指す弊社の理由

売却後の現金をもって安心しているお客様の姿を見続け

売却後の様々なショックの時の経験

バブル崩壊前に売らなかった人は?

崩壊後安心?

売却直後20分後の東日本大震災、福島原子力発電所の爆発

あー売却できていてよかった。もしあと一日遅れていたら・・・・・

コロナウイルス非常事態宣言時の短期有利売却無料電話相談

いつの時代も生き残らなければなりません。具体的にどう考え

どう判断すればいいでしょう。

実は基本は全く変わらないのです。

売却成功者の方が基本をしっかり守っています。

おいしい宣伝を全く無視しています。正しい専門知識があるからです。

過去バブル崩壊

リーマンショック

東日本大震災の

売却時の対策を行ってきた私がお答えします。

 

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
大家さん,売主さんの悩み疑問解消します。相談無料です。
下記にあるフォームか、お電話にてお気軽にお問い合わせください。
 
 
株式会社グローリーハウス
(東京都中野区新井2-2-1松本ビル)
代表取締役 森本和彦


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
この記事を書いた人
森本 和彦 モリモト カズヒコ
森本 和彦
中野にある不動産会社グローリーハウスの代表 森本です。 キャッチフレーズはあるべき姿への挑戦。勤務時代会社内で責任者として行ってきたことをさらに充実します。 最近の大企業のお客様に不便な縦割りシステムへの挑戦です。真に信頼される不動産業者を目指します。

お悩みや疑問点あればお気軽にお問い合わせください。

Inquiry
必須
必須
※いたずらメール防止のため、ご協力をお願い致します
arrow_upward