株式会社グローリーハウス
10:00~21:00
年中無休(年末年始除く)
2020年04月08日
ブログ

コロナウイルス緊急事態宣言時でも売り主さんが安全にできる不動産売却

今回のコロナウイルス緊急事態宣言での外出自粛は、戦後初めてです。

こんな時でも不動産売却を行う必要な方がいらっしゃると思います。

今日は緊急事態宣言時でも安全にできる不動産売却についてお話ししたいと思います。

売却作業の9割は面談なく安全にできる

売り主さんが安全に行える不動産売却の作業はたくさんあります。

準備作業はほとんど安全にできます。

人と接する必要がない作業が多いからです。

 

売却作業で人と接するのは?内見、説明、契約、引き渡し

どうしても、人と接しないといけないのは、

 

内見、重要事項説明、契約、事前立ち合い確認、引き渡しくらいです。

売却物件調査 問題なし

役所調査は、一人でできます。

売却資料集め 問題なし

売り主さんが行います。

弊社グローリーハウスでは、一般的に売却に必要な資料を

手紙やメール、電話で説明して探していただいています。

売却金額査定 机上査定問題なし・現地査定注意

売却査定は机上査定は問題ないですが、現場査定の室内は危険です

建物の場合は売り主さん立ち合いとなります。

このときは、できれば消毒薬持参が良いでしょう。

窓を開けていただき

マスク

距離を十分取って行えばいいでしょう。

売却査定結果内容説明 説明資料を見ながら電話でも可能

売却査定の内容や根拠説明は電話でも十分できます。

事前に手紙やメールで送り

電話で説明します。

疑問点は何度でも電話で説明します。

販売資料作成 写真撮り 窓開け マスクで安全対策

販売資料作成も、密室になりやすいのは現地での写真撮りくらいです。

 

このときは、消毒薬持参で、窓を開けて マスクをつけて 人と人の距離を2m以上取れば安全でしょう。

売り主さんとの打ち合わせはできるだけ外で離れて

売り主さんへの説明、打ち合わせは、建物外部で少し離れて行えば安全です。

今は離れていても携帯電話で話す方法もあります。

 

注意 メールなど文章だけはコロナウイルス対策では安全でもやめた方が良い

文章だけの打ち合わせや説明は、非常に高度になるので

初心者の方にはわかりにくくトラブルのもとです。

やめた方がいいでしょう。

電話で行ったほうがいいでしょう。

関連記事はこちら

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
大家さん,売主さんの悩み疑問解消します。相談無料です。
下記にあるフォームか、お電話にてお気軽にお問い合わせください。
 
 
株式会社グローリーハウス
(東京都中野区新井2-2-1松本ビル)
代表取締役 森本和彦


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
この記事を書いた人
森本 和彦 モリモト カズヒコ
森本 和彦
中野にある不動産会社グローリーハウスの代表 森本です。 キャッチフレーズはあるべき姿への挑戦。勤務時代会社内で責任者として行ってきたことをさらに充実します。 最近の大企業のお客様に不便な縦割りシステムへの挑戦です。真に信頼される不動産業者を目指します。

メール相談受付中!!

今すぐお電話の方はこちら

お悩みや疑問点あればお気軽にお問い合わせください。

Inquiry
必須
必須
※いたずらメール防止のため、ご協力をお願い致します
arrow_upward