株式会社グローリーハウス
10:00~21:00
年中無休(年末年始除く)
2020年04月06日
ブログ

コロナウイルス感染対策緊急事態宣言時の賃貸併用住宅のメリット・デメリット

賃貸併用住宅のメリット・デメリットはすでに私のブログで何回もお話ししましたが

今回はコロナウイルス感染非常事態宣言時の賃貸併用住宅のメリット・デメリット

についてお話しします。

賃貸併用住宅は同じ建物に入居者さんが同居 感染したら?

コロナウイルス感染非常事態は、コロナウイルスが海外から持ち込まれ、放置した結果

爆発的に感染拡大の危機に陥ったことです。

賃貸併用住宅は、家族以外に入居者さんが同居しています。

もし誰かが感染していたら広がる可能性が高いですね。

中高年の方がいる賃貸併用住宅は要注意

中高年は重症化する可能性が高いといわれています。

若い方は感染しやすい

中高年の方が自宅におり若い方の入居者さんがいる賃貸併用住宅は要注意です。

 

入居者さんも家族も感染要注意 消毒・マスク・手洗い

賃貸併用住宅は、入居者さんとオーナーの家族は運命共同体となる可能性が高いので

大家さんは感染対策に最大限の注意を払う必要があります。

賃貸併用住宅の賃貸部分 空室・家賃滞納・家賃値下

賃貸併用住宅もコロナウイルスショックの影響は出ています。

店舗関係がいち早く出ています。

弊社にも管理契約先以外からも相談が来ています。

基本は常時戦場の心構えで管理業務

弊社の管理業務は、平時でも戦場の心構えで管理業務を行っていますので

影響は少ないでしょう。

コロナウイルス緊急事態時の大家さんの生き残り戦略 記事はこちら

大家さん地主さん 賃貸経営電話無料相談開始しています

すでに全国的に大家さんへの影響が出ています。

東京都内も影響が出ています。

今はテナント関係へ貸している大家さんからの相談が増えています。

関連記事はこちら

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
大家さん,売主さんの悩み疑問解消します。相談無料です。
下記にあるフォームか、お電話にてお気軽にお問い合わせください。
 
 
株式会社グローリーハウス
(東京都中野区新井2-2-1松本ビル)
代表取締役 森本和彦


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
この記事を書いた人
森本 和彦 モリモト カズヒコ
森本 和彦
中野にある不動産会社グローリーハウスの代表 森本です。 キャッチフレーズはあるべき姿への挑戦。勤務時代会社内で責任者として行ってきたことをさらに充実します。 最近の大企業のお客様に不便な縦割りシステムへの挑戦です。真に信頼される不動産業者を目指します。

メール相談受付中!!

今すぐお電話の方はこちら

お悩みや疑問点あればお気軽にお問い合わせください。

Inquiry
必須
必須
※いたずらメール防止のため、ご協力をお願い致します
arrow_upward