株式会社グローリーハウス
10:00~23:00
年中無休(年末年始除く)
2020年04月06日
ブログ

コロナ感染対策非常事態宣言時の賃貸経営家賃・募集関係電話無料相談

コロナウイルス感染対策で非常事態宣言がとうとう出ました。

日本の生活に大きな損害を出します。

大家さんにも影響が出始めています。

対策について弊社グローリーハウスでは賃貸経営入居者さん対応などの

無料電話相談開始しました。

コロナウイルスの大きな損害は2月から出ています。

オリンピックを予定通り行うと言っていた時から大きな危険がありました。

2月頃から全商売に大きなダメージ 1か月遅れで大家さんにも

商売をしている人、民間会社の社員、パート、非正規社員の方など

2月頃から影響が出はじめ3月には大きな影響

1か月遅れで賃貸経営大家さんに影響がでて始めました。

入居者さんの収入激減 家賃払えず 大家さんに影響

大家さんは、入居者さんの収入が減れば影響を受けます。

家賃減額要求、家賃滞納、解約で空室などです。

お店などのビル賃貸の大家さんが一番影響が早く出ます。

続いて居住用の賃貸アパートマンションです。

コロナウイルス問題は特効薬がなく、検査もできず

長期化が予想されます。

入居者さんの感染対策を第一優先

今は賃貸経営は、入居者さんや大家さんの感染対策が第一です。

健康が第一です。

出入口のお消毒やマスクの着用の徹底で被害を最小限にしましょう。

空室募集も平時より高度できめ細かな対応でやっと

コロナウイルス非常事態宣言時の空室募集は大変です。

平時の数倍の努力でやっと効果がある程度です。

非常にきめ細かく入居者さんの不安に対応する必要があります。

募集条件にも気を付けましょう。

大家さん 今は2次被害を最大限防止に全力

大家さんが行うべきことは、非常事態のため最大限2次被害を防止することです。

発端はコロナウイルス、今深刻なのは生活の危機という2次被害

大家さんは正確に言えば生活費の減少による3次被害。

 

コロナ感染対策で収入激減による入居者さんとのトラブルを防ぐ

大家さんの2次被害とはコロナウイルスで収入の激減した入居者さんとのトラブルです。

目先のことに取らわれず、冷静に今後を見越した対応を

入居者さんから家賃滞納、家賃減額が増えるでしょう。

またさまざまな要求が出てくるでしょう。

こんな時にどこまで、どんな対応をするかで

今後大きく変わります。

冷静によく考えて対応しましょう。

安全安心の将来を見越した管理業務経験から 無料電話相談開始

普段東京都内で、将来の安全安心の管理業務を行っている弊社グローリーハウス

ではコロナウイルス感染対策っ上事態宣言時に無料の賃貸管理電話相談開始しました。

文章は理解してから読むが大原則です。

理解しないで読むと誤解してしまいます。

電話だと私が誤解に気が付いて、指摘し正しい説明を行います。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
大家さん,売主さんの悩み疑問解消します。相談無料です。
下記にあるフォームか、お電話にてお気軽にお問い合わせください。
 
 
株式会社グローリーハウス
(東京都中野区新井2-2-1松本ビル)
代表取締役 森本和彦


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
この記事を書いた人
森本 和彦 モリモト カズヒコ
森本 和彦
中野にある不動産会社グローリーハウスの代表 森本です。 キャッチフレーズはあるべき姿への挑戦。勤務時代会社内で責任者として行ってきたことをさらに充実します。 最近の大企業のお客様に不便な縦割りシステムへの挑戦です。真に信頼される不動産業者を目指します。

お悩みや疑問点あればお気軽にお問い合わせください。

Inquiry
必須
必須
※いたずらメール防止のため、ご協力をお願い致します
arrow_upward