株式会社グローリーハウス
10:00~21:00
年中無休(年末年始除く)
2020年03月30日
ブログ

相続の疑問解消 初心者の方でも3分でわかる民法改正配偶者居住権の内容と落とし穴

いよいよ話題となっていた民法改正の目玉の一つ、老後の安心対策配偶者居住権制度

が始まります。しかしこのはうぐうしゃ居住居住権制度はメリットとデメリットがあります。

今日は内容と注意すべき落とし穴について簡単にお話しします。

配偶者居住権の新設の目的と内容

配偶者居住権が新設された目的は、高齢化社会における老後の安心のためです。

相続分割で最低限の自宅に住めることと、老後の生活費を確保できるようにすることです。

 

配偶者の法定相続分は子供がいる場合は全体の50%です。

遺産総額が一億円で自宅5000万円と預金5000万円あったとすれば、今までは

配偶者が自宅を取得すれば、現金は一円ももらえませんでした。

 

ところが自宅を配偶者居住権と配偶者居住権付きの所有権に分ければ

配偶者居住権の評価が仮に2500万円なら配偶者居住権と預金2500万円の両方が

もらえる可能性が高くなりました。

 

配偶者居住権付きの所有権を取得した場合、配偶者が死亡すれば配偶者居住権は消滅しますので完全な所有権になります。

この際に所有権の実質的な価値は大きく上昇しますが、税金はかかりません。

注意点 配偶者居住権は自動的には取得できない

配偶者居住権の注意事項は、自動的には取得できないことです。

次のいずれかによって取得します。

①遺言

②遺産分割協議

 

例外的に短期配偶者居住権は、一定期間自動的に取得できます。

注意 配偶者居住権の廃止

配偶者の死亡でなく途中で配偶者居住権を終了した場合は、贈与の問題が出てきますので注意が必要です。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
大家さん,売主さんの悩み疑問解消します。相談無料です。
下記にあるフォームか、お電話にてお気軽にお問い合わせください。
 
 
株式会社グローリーハウス
(東京都中野区新井2-2-1松本ビル)
代表取締役 森本和彦


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
この記事を書いた人
森本 和彦 モリモト カズヒコ
森本 和彦
中野にある不動産会社グローリーハウスの代表 森本です。 キャッチフレーズはあるべき姿への挑戦。勤務時代会社内で責任者として行ってきたことをさらに充実します。 最近の大企業のお客様に不便な縦割りシステムへの挑戦です。真に信頼される不動産業者を目指します。

メール相談受付中!!

今すぐお電話の方はこちら

お悩みや疑問点あればお気軽にお問い合わせください。

Inquiry
必須
必須
※いたずらメール防止のため、ご協力をお願い致します
arrow_upward