株式会社グローリーハウス
10:00~23:00
年中無休(年末年始除く)
2020年03月21日
ブログ

不動産の売り主さんの疑問解消 土地売却代金を受け取るまでに必要なお金はいくら?

不動産の売主さんの疑問の中に売却代金を受け取るまでに必要なお金はいくらくらいという不安があります。

費用だけかけて売れない不安もありますね。

今日は売却代金の受け取りまでに必要なお金をお話しします。

売却時の仲介手数料の半額を契約時

売却時に仲介手数料がかかることは多くの方がご存じのとおりです。

仲介手数料は売買契約成立時に全額支払いが原則ですが、国土交通省では

契約時半額、引き渡し時に半額が望ましいと公表しています。

売却までに売り主さんが必要な金額は売却条件による

売却までに必要なお金は、売却の条件によります。

普通に問題なく高く売る方法ということで今回は、お話しします。

反対に問題月で売って買主さんが問題解決する方法もあります。

この方法は当然安くしか売れません。

土地を問題なく普通に売るため売り主さんが必要な費用

境界確定の費用 民民と官民

小さな土地でも80万くらいはかかります。

高低差がある場合

高低差測量が追加となります。

前面道路が狭い場合

セットバック調査費用が追加となります

 

最低限は境界確定付の測量費となります。

私道に面した土地売却の場合

私道に面した土地の場合は、私道の所有者から自動車の通行と掘削の承諾書を取得する必要があります。

この費用が必要です。

売却を依頼した仲介会社が仲介手数料内で行ってくれる場合が多いですが

売却を委託した不動産会社が専門知識と実践経験がないと専門業者に依頼する必要があります。

弊社グローリーハウスも過去数件依頼を受けていますが、60万円くらいです。

建物を解体して売る場合 高く売る場合

建物を解体して売る場合は解体費がかかります。

一般的に小さな池でも木造で100万くらいです。

大きなものは250万から350万くらいします。

鉄筋コンクリート作りは高いですね。

私が解体工事を請け負ったケースだと高かったのは

3階建てで1000万円くらいしました。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
大家さん,売主さんの悩み疑問解消します。相談無料です。
下記にあるフォームか、お電話にてお気軽にお問い合わせください。
 
 
株式会社グローリーハウス
(東京都中野区新井2-2-1松本ビル)
代表取締役 森本和彦


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
この記事を書いた人
森本 和彦 モリモト カズヒコ
森本 和彦
中野にある不動産会社グローリーハウスの代表 森本です。 キャッチフレーズはあるべき姿への挑戦。勤務時代会社内で責任者として行ってきたことをさらに充実します。 最近の大企業のお客様に不便な縦割りシステムへの挑戦です。真に信頼される不動産業者を目指します。

お悩みや疑問点あればお気軽にお問い合わせください。

Inquiry
必須
必須
※いたずらメール防止のため、ご協力をお願い致します
arrow_upward