株式会社グローリーハウス
10:00~23:00
年中無休(年末年始除く)
2020年03月09日
ブログ

確定申告の基礎知識 居住用不動産売却の税金が安くなる制度と注意点その①

不動産には多くの種類があります。また多くの税制があります。税金にも多くの種類があります。今回は居住用の不動産を売却した場合の税制について簡単にお話しします。

また手続きをすれば税金が安くなる制度についてもお話しします。

不動産の売却の時の税金の原則 儲けが出れば自分で申告納税

日本の税制は儲けが出れば自分でもうけを計算して自分で申告して税金を納める制度です。

不動産売却の儲けとは? 課税所得とは?

不動産を売却した時の儲けとは?つまり課税所得とは?

売却代金-譲渡経費-取得原価

注意建物の取得原価は減価償却後のものです。

 

原則は所有期間に応じて儲け(課税所得)に税率

不動産売却の税金の原則は簡単です。

儲けつまり課税所得に税率をかけて税金を計算します。

税率は売却した年の1月1日現在の所有期間で5年超か?

5年以下かで決まります。

 

居住用財産の売却の特例 税金が安くなる制度

居住用財産は特別な考慮がされています。

3000万円特別控除

居住用財産の買い替え特例

長期所有の居住用財産の軽減税率

被相続人の居住用財産の売却の3000万円特別控除

 

税金が安くなる制度の注意点

一言でいえば条件が厳しく細かく決まっている。

原則として2つの安くなる制度は使えない。

実際に税金が安くなる制度は、確定申告が必要

税金が安くなる制度は、確定申告書にその安くなる制度を使いたい旨の記載と

一定の書類の添付が必要です。

税金が安くなるかどうかの判断は所轄税務署等判断

実際に税金が安くなる制度が使えるかどうかの判断は、所轄税務署長の判断です。

売主さん自身で安易に判断せずに税務署または税金の専門家に相談するのがいいでしょう。

弊社の税金関係の対応 制度案内まで具体的相談は税理士の先生紹介

弊社グローリーハウスには様々な相談や依頼があります。

登記関係、税金関係、法律関係なども含まれます。

依頼や相談のうち国家資格弁護士、税理士、司法書士などが必要な業務は

お客様の希望に近い専門家に情報を整理し、紹介しています。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
大家さん,売主さんの悩み疑問解消します。相談無料です。
下記にあるフォームか、お電話にてお気軽にお問い合わせください。
 
 
株式会社グローリーハウス
(東京都中野区新井2-2-1松本ビル)
代表取締役 森本和彦


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
この記事を書いた人
森本 和彦 モリモト カズヒコ
森本 和彦
中野にある不動産会社グローリーハウスの代表 森本です。 キャッチフレーズはあるべき姿への挑戦。勤務時代会社内で責任者として行ってきたことをさらに充実します。 最近の大企業のお客様に不便な縦割りシステムへの挑戦です。真に信頼される不動産業者を目指します。

お悩みや疑問点あればお気軽にお問い合わせください。

Inquiry
必須
必須
※いたずらメール防止のため、ご協力をお願い致します
arrow_upward