株式会社グローリーハウス
10:00~21:00
年中無休(年末年始除く)
2019年11月21日
ブログ

仲介手数料半額で売主さんが満足する売却業務ができるか?

不動産の売却は、成功するも失敗するも売主さんの選択や努力次第です。

売却を依頼する不動産会社選びも、売り出し条件も売主さんが決定するからです。

もう一つ仲介手数料も売主さんが選択します。

半額もあれば満額あります。

もちろん不動産会社のサービス内容は大きく異なります。

仲介手数料半額だから不動産会社は赤字?はないでしょう

仲介手数料を半額にしても不動産会社は赤字にすることはありません。

 

仲介手数料半額なら経費を半額にすることは可能?

仲介手数料を半額にすると経費を半額には簡単にできません。

半額にする努力をする

仲介手数料半額なら取扱量を2倍にする?

仲介手数料を半額にすれば、取扱量を2倍にする努力をする。

しかしこれも簡単ではありません。

現実的には手数料を半額にすれば、単純作業のパターン化

仲介手数料を半額にするサービスで採算をとるには、現実的には

一取引あたりの作業量を少なくする。一つ一つの作業レベルを低めにする。

つまり一番結果が変わる考える作業をなくすことです。

手数料半額でも不動産売却ができる体制はお客様との分業

不動産売却で手数料半額で現実的な方法は、お客様の協力があることが

最低限の条件です。

たくさんの不動産取引を同時に行うには

現地案内に行かない

土日に行わない

スケジュール調整に協力する

こんなことをすれば、できる可能性はある気がします。

普通の売却手数料、両手数料でも付加価値がない不動産会社も多い

普通の仲介手数料でもあるいは両手数料でも、高いサービスを行わない会社も多くあるのが事実です。

ただマニュアル方式で行っているだけでお客様は少し物足りないかもしれません。

現実の仕事には手数料半額かどうかより総予算が重要

仲介手数料は普通の会社だと給料や経費ですので、きちんと仕事をすると一般的に月額100万近くは必要でしょう。

これが実際何パーセントがどうか?半額かどうか?これが重要でしょう。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
大家さん,売主さんの悩み疑問解消します。相談無料です。
下記にあるフォームか、お電話にてお気軽にお問い合わせください。
 
 
株式会社グローリーハウス
(東京都中野区新井2-2-1松本ビル)
代表取締役 森本和彦


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
この記事を書いた人
森本 和彦 モリモト カズヒコ
森本 和彦
中野にある不動産会社グローリーハウスの代表 森本です。 キャッチフレーズはあるべき姿への挑戦。勤務時代会社内で責任者として行ってきたことをさらに充実します。 最近の大企業のお客様に不便な縦割りシステムへの挑戦です。真に信頼される不動産業者を目指します。

メール相談受付中!!

今すぐお電話の方はこちら

お悩みや疑問点あればお気軽にお問い合わせください。

Inquiry
必須
必須
※いたずらメール防止のため、ご協力をお願い致します
arrow_upward