株式会社グローリーハウス
10:00~23:00
年中無休(年末年始除く)
2019年11月16日
ブログ

初めての不動産売却取引と税制

不動産の売却は、税金の申告と納税でいったん終了です。

売買代金をもらって終了ではありません。

 

不動産を売却した時の利益に対して税金がかかる

不動産の売却は利益が出たときの利益に対して、税金がかかります。

この利益の計算で間違いやすいのは、建物の取得原価は減価償却後のものを使うことです。

売却利益=売却金額-取得原価-譲渡費用

間違いが多いのは同じ5000万円で買って5000万円で売っても利益は出る場合があります。

建物は古くなれば取得原価が非常に安くなるためです。(減価償却するため)

不動産の売却の税金はたくさんの種類がある

大きく分けると個人所有の不動産の売却と法人所有の不動産の売却があります。

さらに個人所有の不動産の売却にも自宅の売却と自宅以外の売却があります。

さらに自宅の売却でも、1月1日時点の所有期間が10年超と10年以下とで分かれます。

さらに10年以下でも5年超と5年以下で分かれます。

不動産の売却には一定の条件を満たせば税金が安くなる制度が多数

不動産の売却には一定の条件を満たせば、税金が安くなる制度がたくさんあります。

有名な制度では、自宅売却の3000万円特別控除、買い替え特例(納税猶予です)

売却利益から一定額を差し引ける制度です。

税金の安くなる特例を使うには、いろいろ条件がある

税金が安くなる税制優遇には、様々な条件があります。

不動産取引と連動します。

非常に注意が必要です。

たとえば居住用の不動産売却は居住しなくなった日から3年を経過する日の年の年末までに譲渡する必要があります。

買い替え特例は土地も建物も10年超の所有、居住が条件です。

賃貸しているとダメな優遇税制

相続した空き家の売却については、賃貸しているとダメです。

その他細かな条件がたくさんありますので注意が必要です。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
大家さん,売主さんの悩み疑問解消します。相談無料です。
下記にあるフォームか、お電話にてお気軽にお問い合わせください。
 
 
株式会社グローリーハウス
(東京都中野区新井2-2-1松本ビル)
代表取締役 森本和彦


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
この記事を書いた人
森本 和彦 モリモト カズヒコ
森本 和彦
中野にある不動産会社グローリーハウスの代表 森本です。 キャッチフレーズはあるべき姿への挑戦。勤務時代会社内で責任者として行ってきたことをさらに充実します。 最近の大企業のお客様に不便な縦割りシステムへの挑戦です。真に信頼される不動産業者を目指します。

お悩みや疑問点あればお気軽にお問い合わせください。

Inquiry
必須
必須
※いたずらメール防止のため、ご協力をお願い致します
arrow_upward