株式会社グローリーハウス
10:00~23:00
年中無休(年末年始除く)
2019年10月03日
ブログ

長崎市トラブルに学ぶ不動産売買と私道通行掘削承諾

いま私道の売買トラブルといえば長崎市の団地の私道封鎖と

通行料問題です。道路を個人所有にすれば管理費の問題が現実化します。

しかし現実は不動産取引の多くは私道に面した土地です。

この私道の通行掘削を専門に長年行っているのが私です。

私道は民法上は私有地他人の財産

私道は他人の土地です。他人の庭のようなものです。

 

永久に無料に通行許可には抵抗がある所有者

私道通行掘削承諾取得の代行の際、私道の所有者さんの気持ちにも十分配慮しないといけません。

多くは旧地主さんたちです。旧華族の方も多いかもしれません。旧大名家かもしれません。プライドも大企業の社長よりはるかに高い方も非常に多い気がします。

道路の掘削は必要、しかし承諾を取得するのは大変

私道通行掘削承諾は、工事関係の事前承諾取得の意味合いが強いですね。

工事内容の説明を十分行うことが必要です。

私道通行掘削承諾取得失敗は、失礼な態度が最大原因

私道通行掘削承諾の取得のお願いで失敗する原因は、失礼な態度です。

漫画のような失礼な態度で大失敗

私が直接お聞きした実例

電話でお願いして、即断られ

測量のついでにお願いして、即断られ

買主さんが決まっていてあとは通行掘削承諾書の取得だけ

一番大変なのが私道の通行掘削承諾の取得。

弊社への依頼も最終段階も多かったですね。

私道通行掘削承諾書取得は、書類でなくその前の気持ちの承諾が重要

単なる書類の取得だけ行っていると、あとで工事時に問題になります。

工事時に問題にならないように、工事時のことを想定してお願いをしておかなければなりません。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
大家さん,売主さんの悩み疑問解消します。相談無料です。
下記にあるフォームか、お電話にてお気軽にお問い合わせください。
 
 
株式会社グローリーハウス
(東京都中野区新井2-2-1松本ビル)
代表取締役 森本和彦


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
この記事を書いた人
森本 和彦 モリモト カズヒコ
森本 和彦
中野にある不動産会社グローリーハウスの代表 森本です。 キャッチフレーズはあるべき姿への挑戦。勤務時代会社内で責任者として行ってきたことをさらに充実します。 最近の大企業のお客様に不便な縦割りシステムへの挑戦です。真に信頼される不動産業者を目指します。

お悩みや疑問点あればお気軽にお問い合わせください。

Inquiry
必須
必須
※いたずらメール防止のため、ご協力をお願い致します
arrow_upward