株式会社グローリーハウス
10:00~21:00
年中無休(年末年始除く)
2019年09月11日
ブログ

中野区杉並区新宿区文京区他売主さんの疑問解消 高低差のある土地の売却査定

実際に高低差のある土地に建築を行ったことのある不動産会社の方は

理解されていると思いますが、大変な高額の建築費がかかります。

実際に中野区も高低差がある地域が多く存在します。

弊社グローリーハウスからの徒歩圏でも上高田地区、大和町地区

新井地区、中野3丁目、中野2丁目などほとんどの地域です。

高低差に関する法律は東京都安全条例

土地の価値はどんな建物が建築できるかです。

この建築を規制しているのが、建築基準法、東京都だと東京都安全条例

高低差に関しては安全条例

高低差のある土地に建築する場合 擁壁や防護壁が必要

高低差のある土地に建築する場合は、擁壁や防護壁が必要です。

これは山は崩れる想定で崩れた時にも安全性確保のためです。

擁壁、防護壁は建築確認が必要で高額の工事費

擁壁や防護壁は建築確認が必要で、工事も高額です。

中野区内でも実際に行っています。

既存の擁壁や防護壁も検査済証がなければ、安全条例を満たさず

既存で擁壁があっても検査済証がない場合は、要件を満たさず、新設が必要です。

崖上の場合は、擁壁に代えて建物基礎、くい打ちで代用可能な場合

崖上建築の場合は、擁壁や基礎設計で安全条例を満たすことができる場合が多くあります。

またくい打ちで対応できる場合があります。

高低差のある土地は安全条例対策費部分売却査定価格が安い

高低差がある土地の売却査定価格は安くなります。

工事費、設計費用がお高額なためです。

高低差がある土地の境界注意 建築しようと地と異なる

高低差がある土地の境界と実際に使用できる土地とは大きく異なります。

高低差のある土地は擁壁に傾きがあります、境界が下にある場合は建築する面積が少なくなります。

 

測量図と異なりますので注意が必要です。

解体工事も大変

解体工事も大変です。

非常に時間がかかり、安全性確保のため工事もゆっくりと慎重に進めます。

実際に行う場合には役所、建築士さんと事前に確認して

文京区、中野区で過去私が担当して土地売却(建物請負)したもの

過去に高低差のある土地の売却(建築請負)を担当したものには中野区、文京区があります。

 

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
大家さん,売主さんの悩み疑問解消します。相談無料です。
下記にあるフォームか、お電話にてお気軽にお問い合わせください。
 
 
株式会社グローリーハウス
(東京都中野区新井2-2-1松本ビル)
代表取締役 森本和彦


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
この記事を書いた人
森本 和彦 モリモト カズヒコ
森本 和彦
中野にある不動産会社グローリーハウスの代表 森本です。 約30年の準備を経て開業した珍しい総合専門不動産会社です。 専門知識や専門経験がないお客様でも安全に有利に不動産取引ができる体制を整えた会社です。 お客様に行っていただくことは、実現したい希望や、解決したい問題をできるだけ詳しくお話しいただくだけです。その後は希望に近い業務をオーダーメイドで案内いたします。 グローリーハウスは、売却業務と管理募集業務と特別依頼がある場合は専門的な有料相談業務を行っています。 多くの不動産会社が、短時間で儲かる一部分のみの作業しか対応しないのに対 し、お客様は総合的で専門的な相談をしたいという希望が強い傾向にあります。こんなまじめなお客様に総合的に対応する会社です。

メール相談受付中!!

今すぐお電話の方はこちら

お悩みや疑問点あればお気軽にお問い合わせください。

Inquiry
必須
必須
※いたずらメール防止のため、ご協力をお願い致します
arrow_upward