株式会社グローリーハウス
10:00~21:00
年中無休(年末年始除く)
2017年10月31日
ブログ

誤解だらけの売却査定と売却可能価格       豊島中野不動産相談所


売却査定は、誤解されている方が多いですね。

そこで 今日は誤解の原因の2つについて

お話ししどう理解したら現実的に売却が成功するか

をお話ししましょう。

誤解が多い原因は うその広告 誤解を招く広告


価格査定が誤解が多いのは 一つは 広告が原因です。

多数の査定をすれば 高く売れるという広告です。

 

こんな現実はありません。

私は 短期間に 3か月程度で 20年近く売却の現場にいますが

査定で高く売れたら こんな楽なことはありません。

 

しかしこんな現実は 体験したことも聞いたこともありません。

実際大きく高く売れるケースは 10年に一回程度


奇跡的に 大きく査定金額が異なり 大きく高く売れるケースは

10年に1回程度です。

一生に数回程度です。

これを広告で いつも 可能ではありません。

なぜ 嘘広告が多い? 


査定競争は 実態は受注競争だからです。

確かに 高い査定は効果がありますね

売れると信じていただける売り主さんが多いのも事実です。

だましのテクニック


売り主さんにとって高く売れますよは 効果てきめんです。

ここからは モラルですね。

受注を取るためには 売れもしない高い査定を出すか?

実際売れる価格査定金額を提示するかです。

人間心理です。

 3か月で売れない金額は 価格査定?


通常 売却は3か月目安です。

入金ベースで 4か月です。

これは真剣に売りたい売り主さんの猶予の一般的なものです。

心理的にも問題ない期間です。

この間に売れないものは問題が発生します。

売り主さんは 何か売らなければならない事情がある


ほとんど場合 売り主さんには売らなければならない事情があります。

あまり待てないのが現実です。

短期間にできる限り高くと願っています。

3か月が許容範囲です。

現実的売却手法は 短期間に有利売却戦略を同時に実行


実際問題 価格査定ではなく 期待通り売却が完了するかです。

このために 売却可能性を高めるためにできる限り具体的に行動をするかです。

会社の利益は後回しです。

まず売り主さんが成功すること先です。

 

実際の売却価格にはある程度の幅がある


実際売却の現場にいるとわかりますが、わかりやすく言えば

3人の購入希望者が言えば 3人とも金額が異なります。

 

最後は売り主さんが 判断する


不動産業者は売り主さんの希望が実現するように

戦略を考え提案したり、実務を執り行うだけです。

重要な決定は 売り主さんが判断します。

具体的には個別状況がちがいますので秘密無料相談


具体的には売り主さんごとに事情や 希望が違いますので

秘密厳守の 無料相談をご利用ください。

実戦的な実現可能性の高いことをアドバイスいたします。

出張相談 電話相談 夜も22時30くらいまで対応しています。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

相続や不動産トラブル・不動産取引(建築含む)については
不動産コラムをご覧くださいhttp://www.glory-house.co.jp/?cat=8

平成29年11月1日

中野区新井2-2-1松本ビル

(株)グローリーハウス

代表取締役 森本和彦

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
この記事を書いた人
森本 和彦 モリモト カズヒコ
森本 和彦
中野にある不動産会社グローリーハウスの代表 森本です。 キャッチフレーズはあるべき姿への挑戦。勤務時代会社内で責任者として行ってきたことをさらに充実します。 最近の大企業のお客様に不便な縦割りシステムへの挑戦です。真に信頼される不動産業者を目指します。
store

会社概要

株式会社グローリーハウス
arrow_upward