株式会社グローリーハウス
10:00~23:00
年中無休(年末年始除く)
2019年08月19日
ブログ

不動産仲介業務は分業制はトラブルの大きな原因

今日ある会社に電話しました、大量にFAXを送ってくるので、

送るなと電話しました。

ハイわかりました。きちんと伝えておきます。すぐ社長から電話くれよ

また送ってくる。

もう送るなよ.  社長から電話くれよ

ハイわかりました。きちんと伝えておきます。

また送ってきた。

もう何回目

私初めて聞きました。全く社内で情報が伝わっていませんでした。

さすがにすぐ止めろ

マーこんな感じです問題が起きる会社は

社長がしっかりしていないだけです。

社長が情報管理をしていれば問題が発生しません。

会社が大きくても全く同じです。決定権はたった一人です。

後の人は決定事項をただお行っているスタッフにすぎません。

本来会社の代表は一人

すべて報告がされていて当然です。

秘書が勝手にやったことで

あり得ません、すべて報告しています。

分業制は、すべての過去の経緯を担当者が変わるたびに行う

大変疲れる会社です。

分業制は会社にとっては大きな利益、お客様にとっては大変なデメリット

実際体験するとよくわかります。

一体何回同じ説明しないといけないの

これじゃ各部署が仲が悪く口もきかない役所と同じ

なぜか役所も各部署が大変仲が悪い、口もきかない。

大変疲れますね。

初心者のお客様は窓口一人に話せば終わりが一番

初心者にとって一番楽なのは窓口一人で関連部署に徹底が一番ですね。

不動産トラブルは些細なことから発生

連絡不徹底などで不動産トラブルは発生します。

トラブルや連絡不徹底ができない一人完結型が一番です。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
大家さん,売主さんの悩み疑問解消します。相談無料です。
下記にあるフォームか、お電話にてお気軽にお問い合わせください。
 
 
株式会社グローリーハウス
(東京都中野区新井2-2-1松本ビル)
代表取締役 森本和彦


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
この記事を書いた人
森本 和彦 モリモト カズヒコ
森本 和彦
中野にある不動産会社グローリーハウスの代表 森本です。 キャッチフレーズはあるべき姿への挑戦。勤務時代会社内で責任者として行ってきたことをさらに充実します。 最近の大企業のお客様に不便な縦割りシステムへの挑戦です。真に信頼される不動産業者を目指します。

お悩みや疑問点あればお気軽にお問い合わせください。

Inquiry
必須
必須
※いたずらメール防止のため、ご協力をお願い致します
arrow_upward