株式会社グローリーハウス
10:00~23:00
年中無休(年末年始除く)
2019年08月16日
ブログ

不動産建設業務の総合長期戦略と臨時作業

いま大家さんの中で臨時作業だけ不動産会社に依頼するケースがあるようです。

以前昭和の時代に行われていたようなことが注目を浴びているようです。

しかしここには大きなデメリットもあるので、今日はこの点をお話しします。

誰が総合的に計画したかで効果が大きく変わる

不動産業務は、一つのことでも全体を相談されると、全体で整合性を考えます。

これが総合専門です。

これに対し一つの分野の専門家に依頼すれば、自分の専門の範囲内だけで考えます。

いずれも正しいのですが、本来2つがそろって効果が出ます。

分離発注は全体戦略を自分で考えられるプロだけが行える

不動産の現場に30年もいると変わったお客様に出会います。

分離発注する人です。

専門外の方が全体計画を立てようとします。

これはうまくいきません。

全体計画は各分野の実態を理解して初めて考えることができるのです。

専門知識と専門経験がない初心者が分離発注するととんだ落とし穴に

それトラブルのもとですよ。

それ過去問題になっていますがご存知ですか?

こんなのが多くあります。

本来大家さんや地主さんは会社の社長なので

専門家です。

不動産業の免許を持っているのが普通ですが

なぜか法律的には持っていなくても大丈夫です。

しかし専門知識がないと大きな落とし穴に落ちる可能性も

あります。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
大家さん,売主さんの悩み疑問解消します。相談無料です。
下記にあるフォームか、お電話にてお気軽にお問い合わせください。
 
 
株式会社グローリーハウス
(東京都中野区新井2-2-1松本ビル)
代表取締役 森本和彦


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
この記事を書いた人
森本 和彦 モリモト カズヒコ
森本 和彦
中野にある不動産会社グローリーハウスの代表 森本です。 キャッチフレーズはあるべき姿への挑戦。勤務時代会社内で責任者として行ってきたことをさらに充実します。 最近の大企業のお客様に不便な縦割りシステムへの挑戦です。真に信頼される不動産業者を目指します。

お悩みや疑問点あればお気軽にお問い合わせください。

Inquiry
必須
必須
※いたずらメール防止のため、ご協力をお願い致します
arrow_upward