株式会社グローリーハウス
10:00~23:00
年中無休(年末年始除く)
2019年08月06日
ブログ

中野区杉並区不動産売却はなぜ短期でなければならないのか

売主さんの中には正しく理解されている方と、理解されていない方がいらっしゃいますので今回は、短期販売でなければならないかについて説明します。

売却とは何でしょうか?

不動産を引き渡して、現金をいただくことです。

短期販売しなければならない最大の理由

少し考えていましょう。なぜでしょうか?

では反対に長期販売とはどんな状態になることでしょうか?

短期販売しなければならないのは、売ってから次の計画が重要

最大の理由は売却した後の次の計画が重要だからです。

売却成功とはお金をもらった後トラブルが出ないこと

売却後のトラブルがないか?実際結構ありますよ

引き渡し後の調査で発覚します。

私の約30年の体験で

大手不動産会社の絡むものも数件、同じく中小不動産屋さんの絡むもの数件

合計10件近くありますね。

売り主さんは大変でした、売った後も呼び出されて

きちんとしないから問題が起きるのです。

どれも不動産会社に問題があったと考えられるものです。

トラブル防止には引き渡す不動産は売却時にきちんと完全なものに

不動産トラブルなく短期で販売しお金をいただいて次の夢を実現することです。

このためには、引き渡す不動産について最初にしっかりと説明しなければいけません。

説明するには問題の調査を事前に行わなければいけません。

長期販売とは買わない見学者に長期間対応すること

長期販売とはどんな状態か考えてみましょう。

買わないでただ見に来る人に対応することです。

居住中は大変ですね。

お店に住んでいる状態です。

外出もできません。いつでも見学できるように部屋を清掃しておかなければなりません。

緊張の連続です。

お金をもらうまで安心できません。引き渡してもあとで問題があると安心できません

このためきちんと最初にする必要があるのです。

問題点もきちんと買主さんに説明するのです。事前に調査を行うのです。

土地は境界問題、測量誤差があれば契約解除、損害賠償も

あとで裁判が発生する場合もあります。

裁判記録を見れば、初心者の方にはなぜ裁判になったか理解できないケースも

多いかもしれません。

売れたら契約後に測量するがトラブルの最大原因

あとで測量するこれが最大のトラブルの原因です。

大手不動産会社の扱ったものでも多くがこのパターンです。

契約前にわかっていればトラブルにならなくて済んだものが大半です。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
大家さん,売主さんの悩み疑問解消します。相談無料です。
下記にあるフォームか、お電話にてお気軽にお問い合わせください。
 
 
株式会社グローリーハウス
(東京都中野区新井2-2-1松本ビル)
代表取締役 森本和彦


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
この記事を書いた人
森本 和彦 モリモト カズヒコ
森本 和彦
中野にある不動産会社グローリーハウスの代表 森本です。 キャッチフレーズはあるべき姿への挑戦。勤務時代会社内で責任者として行ってきたことをさらに充実します。 最近の大企業のお客様に不便な縦割りシステムへの挑戦です。真に信頼される不動産業者を目指します。

お悩みや疑問点あればお気軽にお問い合わせください。

Inquiry
必須
必須
※いたずらメール防止のため、ご協力をお願い致します
arrow_upward