株式会社グローリーハウス
10:00~21:00
年中無休(年末年始除く)
2017年10月13日
ブログ

有利な売却対策とは 売却物件が最もほしい人を探し最もほしい状況にすること 中野杉並不動産相談所


短期確実性が求められるプロ不動産業者の売却対策で行っている

昔から変わらない方程式があります。

しかしすべての会社が行っているわけではありません。

一部のプロだけかもしれません。

私が実際に行っていた方法についてお話ししましょう。

全体戦略を立てる 全体調整


有利売却で最も重要なことは全体戦略です。

いつまでに売却したいのか?

事前の準備費用物件整備費用 清掃 測量 解体費用等?

どこまで情報を出すか?

この3つを整理することが大切です。

これで売却条件が違います。

 

 

売却条件が異なれば価値が異なる価値が異なれば・・・


これがプロが実際使っている売却の方程式です。

同じ価値のものは 大きく高く売却することはほとんどできません。

成功のポイントは 物件の価値を上昇させることです。

準備作業と戦略が重要です。

リスクもあります。

物件の完成度をあげれば、有利に売却できる可能性が高くなります。

 

有利売却の具体例 あくまで可能性


一般的な例でいえば 入居付きの物件より 空室のほうが高い。

測量前より測量後のほうが高い。

リフォーム前よりリフォーム後のほうが高い。

これは一例です。

 

 

私が過去に行ってきた有利売却対策 調整の具体例


私も プロの用いる 短期有利売却の基本に基づいて 実行した実例

やコンサルタント例をお話しします。

 

ある相続物件の例  入居付き鉄筋コンクリート3階建て物件の実例

          更地で売却をおすすめした例

通行承諾がない物件 通行承諾書を取得して売却

ごみ置き場前の物件 近隣住民とごみ問題を解決して売却

 

最終目的は 売り主さんの希望の実現


しかし最重要なことは売り主さんの立場は考え方を考慮して

売り主さんの希望とストレス 事前負担の経費負担とや売却期間等

を総合的に考慮して売り主さんの希望を実現することです。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

相続や不動産トラブル・不動産取引(建築含む)については
不動産コラムをご覧くださいhttp://www.glory-house.co.jp/?cat=8

平成29年10月15日

中野区新井2-2-1松本ビル

(株)グローリーハウス

代表取締役 森本和彦

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
この記事を書いた人
森本 和彦 モリモト カズヒコ
森本 和彦
中野にある不動産会社グローリーハウスの代表 森本です。 キャッチフレーズはあるべき姿への挑戦。勤務時代会社内で責任者として行ってきたことをさらに充実します。 最近の大企業のお客様に不便な縦割りシステムへの挑戦です。真に信頼される不動産業者を目指します。
store

会社概要

株式会社グローリーハウス
arrow_upward