株式会社グローリーハウス
10:00~21:00
年中無休(年末年始除く)
2017年10月07日
ブログ

空室対策  古い建物は費用対効果でリフォーム内容を

建物の運用は古くなってからが勝負です。

新しいうちはうまくいって当たり前です。

借金してアパートやマンションを建てる大家さんも多いでしょう。

実際儲かるのはローンを払ってからです。

このときにいかに運用成績が良いかが成功と失敗の分かれ道です。

入居希望者はリフォームが適正に行われていれば 築年数が古くても気にしない人も多い

大家さんは入居者がいなければ入金がありません。

古くても入居希望者はリフォームや管理がきちんと行われていれば

気にしない人も多くいます。

このときのリフォーム内容が重要です。

リフォームの最大ポイントは入居者の希望する優先順位で決める

リフォームする目的は空室を埋めることです。

ところが リフォームを入居者の希望を聞かないで

行うケースが多いのです。

この場合は失敗します。

 

入居者が生活しやすいようにすれば自然に空室はなくなります。

リフォームは過度に行う必要はありません。

しかし優先順位が高いものを行わなかったり

無計画に行うことはせっかく大金をかけても

効果がありません。

工事をできるならやり直したほうが良い物もあります。

 

リフォームの失敗はなぜ起こるか?

リフォーム工事の失敗はなぜ起こるのでしょう?

専門知識と経験がないと失敗に気が付かないかもしれません。

リフォームの失敗は実際生活することを考えず

工事のしやすさつまり儲かるかどうかで行うからです。

 

リフォームは入居者が気に入るかどうかがすべて

この一点で考えればうまくいきます。

必要なことは最優先で行う。

不必要なことは予算が余れば考えるです。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

相続や不動産トラブル・不動産取引(建築含む)については
不動産コラムをご覧くださいhttp://www.glory-house.co.jp/?cat=8

平成29年10月8日

中野区新井2-2-1松本ビル

(株)グローリーハウス

代表取締役 森本和彦

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
この記事を書いた人
森本 和彦 モリモト カズヒコ
森本 和彦
中野にある不動産会社グローリーハウスの代表 森本です。 キャッチフレーズはあるべき姿への挑戦。勤務時代会社内で責任者として行ってきたことをさらに充実します。 最近の大企業のお客様に不便な縦割りシステムへの挑戦です。真に信頼される不動産業者を目指します。
store

会社概要

株式会社グローリーハウス
arrow_upward