株式会社グローリーハウス
10:00~21:00
年中無休(年末年始除く)
2019年06月14日
ブログ

中野区杉並区相続対策のスタート不動産整理は調査からスタート

今70代80代の親世代が本気になって不動産の整理を希望し、子供世代がそのサポートを行う例が増えています。このとき注意しなければならないのは、手順です。

不動産事業を自分で行っているプロなら専門知識や、人間関係の調整の仕方を訓練していますが、不動産の専門家以外はタブーを行う例が多いので注意が必要です。

不動産分野は、タブーがいっぱいタブーを行う大手不動産会社

不動産業界にはタブーがあります。不動産業界というより不動産の人間関係といったほうがいいでしょうか。

このタブーをよく行っているのが、不動産の初心者です。

不動産はお願い事が多いので礼を尽くすことが大変重要です。

相手の都合に合わすことです。

人間関係は現在も昔からの風習がある

現在社会ですが、目には見えませんが歴然と古くからの風習が残っています。

このタブーを犯してはいけません。

不動産業は人間関係に始まり人間関係に終る。人間関係調査が重要

不動産調査というと何か書類の調査と思われがちですが、重要なことは人間関係などの調査です。

人間関係を知ったうえで関係者に協力いただきながら調査

調査はあくまでも不動産整理、調整のためのものです。

事務的なものではありません。

このため人間関係に配慮つつ行っていきます。

不動産調査で問題点発見、対策方針の検討開始

この不動産調査が終わって初めて、問題点が発見できます。

特に重要なのは書類と、関係者からの聞き取りが一致するかどうかです。

古い権利関係は一致しないことが多くあります。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
大家さん,売主さんの悩み疑問解消します。相談無料です。
下記にあるフォームか、お電話にてお気軽にお問い合わせください。
 
 
株式会社グローリーハウス
(東京都中野区新井2-2-1松本ビル)
代表取締役 森本和彦


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
この記事を書いた人
森本 和彦 モリモト カズヒコ
森本 和彦
中野にある不動産会社グローリーハウスの代表 森本です。 キャッチフレーズはあるべき姿への挑戦。勤務時代会社内で責任者として行ってきたことをさらに充実します。 最近の大企業のお客様に不便な縦割りシステムへの挑戦です。真に信頼される不動産業者を目指します。

メール相談受付中!!

今すぐお電話の方はこちら

お悩みや疑問点あればお気軽にお問い合わせください。

Inquiry
必須
必須
※いたずらメール防止のため、ご協力をお願い致します
arrow_upward