株式会社グローリーハウス
10:00~21:00
年中無休(年末年始除く)
2017年10月03日
ブログ

古い物件の空室対策は聖域を設けずに広範囲に  中野杉並不動産相談所

空室対策について以前に何回かお話ししましたが、

広告や宣伝と違う結果を出す実践的に重要なポイントをお話しします。

最重要なポイントがあります。さて何でしょうか?

大きなポイントが一つ 小さなポイントが一つ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最重要なポイントは広く多くの方に検討いただくこと

建物が古く空室となると対策しなければなりませんが

そのとき最大のポイントは多くの人に見学していただくことです。

この際仲介手数料稼ぎのために自分だけで決めようとすると

大家さんの利益を損ねてしまいます。

そもそも不動産業は誰かの成功のために仕事をし結果として

報酬をいただくことです。

優先は大家さんの利益です。

多くの人に早く見ていただくと不思議な効果が

建物が古い物件でも 何かメリットがあります。

例えば立地が良いとか 広ーいとか

多くの人に見ていただくと気に入る人がいるものです。

多くの不動産業者さんの協力を得てスピードよく見ていただきましょう。

空室は毎日お金を捨てているようなもの まずは大家さんの成功を

まず一日も早く優良な入居者さんに入居していただく

そして大家さんから報酬をいただくこれが本当のサービスでしょう。

不動産業者さんと協力して仕事をすると 大家さんの成功につながる

このように空室を短期間に埋めることは大家さんへの最大の

サービスでしょう。

ここで報酬をいただければよいのです。

管理業とは大家さんと同じ問題解決を目指すパートナー

としていけるのではないでしょうか。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

相続や不動産トラブル・不動産取引(建築含む)については
不動産コラムをご覧くださいhttp://www.glory-house.co.jp/?cat=8

平成29年10月3日

中野区新井2-2-1松本ビル

(株)グローリーハウス

代表取締役 森本和彦

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
この記事を書いた人
森本 和彦 モリモト カズヒコ
森本 和彦
中野にある不動産会社グローリーハウスの代表 森本です。 キャッチフレーズはあるべき姿への挑戦。勤務時代会社内で責任者として行ってきたことをさらに充実します。 最近の大企業のお客様に不便な縦割りシステムへの挑戦です。真に信頼される不動産業者を目指します。
store

会社概要

株式会社グローリーハウス
arrow_upward