株式会社グローリーハウス
10:00~21:00
年中無休(年末年始除く)
2017年09月27日
ブログ

売却対策の実践的な最大のポイントは? 中野杉並不動産相談所


売却対策において最大のポイントについて今日はお話しします。

さて最大のポイントは何でしょう?

答えられたらプロですね。

実は長年やっていてもワンパターンではないのでわかりにくいのです。

常識は間取り、特にリビングの広さや価格などですが


常識的回答は 売却対策は金額や間取り特にリビングの広さなどです。

売却対策は売れない物件対策 非常識な対策


売却対策のポイントは常識にとらわれないことです。

常識で売れないものは非常識で売る。

長年売却対策をやっているとわかってきます。

なぜ?買った人に聞くからです。

売却情報は本当にほしい人にはなかなか届いていない


売却の基本は ほしければ買う ほしくなければ 買わない お客様の行動は

単純です。

大手の不動産業者さんが弱い分野です。

なぜ?

ワンパターンには強いのですがワンパターンでは難しいからです。

ほしい人にどうやって伝達し、どう伝えるかで勝負が決まる。


ただ広告に出せば決まる物件はだれがやっても決まります。

しかし売却対策が必要な物件は

どう宣伝するかが重要です。

 

 

間取りが悪ければ 車庫を宣伝する


非常識なやり方ですが、現実決まりました。大成功

勝った人の最優先順位は車庫の広さでした。

世の中代わった人もいる 売却対策は変わった人探し。


売却対策最大のポイントは ほしい人に売ることです。

なかなか売れない物件は、変わった人が買う。

実際弊社のお客様は変わった人も多い


弊社のお客様は大半が女性ですが、第一優先事項が普通と異なる

考え方の方が多いのも現実です。

①駅近ければ日当たりは関係ない。

②駅から離れて古くてもも安ければよい

③駅から遠くてもリビングが狭くても8帖くらいでも安ければよい

 

長期間売却できなかった物件が売れた。


実際長期間1年以上売れなかった物件が売れました。

つまり弊社のお客様が購入されました。

納得ずくで購入されます。

売り主さんからは驚きとともに喜ばれますね。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

相続や不動産トラブル・不動産取引(建築含む)については
不動産コラムをご覧くださいhttp://www.glory-house.co.jp/?cat=8

平成29年10月2日

中野区新井2-2-1松本ビル

(株)グローリーハウス

代表取締役 森本和彦

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
この記事を書いた人
森本 和彦 モリモト カズヒコ
森本 和彦
中野にある不動産会社グローリーハウスの代表 森本です。 キャッチフレーズはあるべき姿への挑戦。勤務時代会社内で責任者として行ってきたことをさらに充実します。 最近の大企業のお客様に不便な縦割りシステムへの挑戦です。真に信頼される不動産業者を目指します。
store

会社概要

株式会社グローリーハウス
arrow_upward