株式会社グローリーハウス
10:00~21:00
年中無休(年末年始除く)
2017年09月19日
ブログ

空室対策は 正確な情報を家主さんが知ることから 弊社管理の日常 中野杉並不動産相談所


現場で何が起きているか知っていますか?

今回は 初歩ですが 一番大切なことを お話しします。

私が大学を卒業して不動産業界に入ってから一番大切にしてきたことです。

 

現場情報を正確に知っていますか?


実は多くのアパートマンションのオーナーさん現場での

入居希望者の現地案内の際の

意見

感想

質問

を正確に知っていますか?

まず空室対策は現場の情報を知ることです。

 

管理業務は現場情報を正確に報告することから 管理業務の基本 初歩


以前大手管理会社の責任者として アパートマンションのオーナーさん

を訪問していたとき 現場の情報をお話しするとオーナーさんが興味深く

そーだったの 初めて聞きました。とよくおどろかいていました。

今まで形式的な報告だけだったとのことでした。

弊社オーナーは 現場に行かなくても現場のことをよく知っている  都合の悪いこと


私は 現場の状況を正確にオーナーに報告します。

弊社管理物件は中野区杉並区 以外にもあります。

だんだん増えてきました。

管理業務を依頼されるオーナーさんは、本業が忙しく

自分で管理ができないから弊社に依頼されます。

 

私の仕事の基本は現場報告。

定期的なオーナー面談現場報告 不動産秘書という感じ


弊社の管理物件のオーナーさんは現場のことや、

工事費のことをよく知っています。

いつも質問が出て 私が調べて報告するからです。

オーナーさんに定期的に直接お会いして雑談します。

このときいろいろ報告します。

私も元管理会社系列の工事会社の責任者なので

工事のこともある程度わかります。

 

空室対策はオーナーさんとの雑談から


空室対策というと何か不動産会社がやるものという誤解が多くあります。

オーナーが行うものです。

提案や

工事費調査

秘書業務

は不動産会社

 

決定はオーナーさん

こんな業務分担です。

 

オーナー面談時にこんな報告をしています。


空室対策は様々あります。

 

家主さんが 現場の情報を正確に理解できるように

省略もしません。

 

案内の時のお客さんの意見もすべてお話しします。

設備に対する希望

質問事項

感想

なんでもあり 不動産 即答不動産  不動産秘書  こんな名前が一番実態が近い

 オーナーさんからの 相談や依頼があれば

基本は なんでも行います。

形式的なことは言いません。

質問にも なんでもお答えします。

基本は即答です。

長年管理業務を関東地域で数万戸単位で行っていればほとんどの

質問は 過去にあった質問と同じです。

 

空室対策もあらゆることを考えます。

 

 

 

どんな方法を使っても結果を出す。


こんな考えで管理をしています。

オーナーさんは 入居者がいないと 収入がゼロです。

このため 空室対策には なんでも提案します。

決めるのは オーナーさんです。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

相続や不動産トラブル・不動産取引(建築含む)については
不動産コラムをご覧くださいhttp://www.glory-house.co.jp/?cat=8

平成29年9月23日

中野区新井2-2-1松本ビル

(株)グローリーハウス

代表取締役 森本和彦

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
この記事を書いた人
森本 和彦 モリモト カズヒコ
森本 和彦
中野にある不動産会社グローリーハウスの代表 森本です。 キャッチフレーズはあるべき姿への挑戦。勤務時代会社内で責任者として行ってきたことをさらに充実します。 最近の大企業のお客様に不便な縦割りシステムへの挑戦です。真に信頼される不動産業者を目指します。
store

会社概要

株式会社グローリーハウス
arrow_upward