株式会社グローリーハウス
10:00~21:00
年中無休(年末年始除く)
2017年09月05日
ブログ

高値売却にはノウハウがいっぱい   中野杉並不動産相談所


今日は高値売却のノウハウやプロでも不安になる点について

お話してみようと思います。

高値売却とは 誤解が多いのも事実です。

買主さんが高値でも買ってくれる状態を指します。

実際 私の周りでも多くのプロが実際行っています。

高値売却の誤解 ただ高値を付けても相手にされない場合も


これは典型的例ない異例ですが、プロでも初心者が犯す例ですが

周りと比べて特に優れていないものに高い売り出し値を付けることです。

これはかえって 買うはずのお客様を逃してしまいます。

半年間 売れないで残ると 買主さんはどんどん不安になります。

これをさらし物といわれています。

初動の3か月が高値売却に一番有利


プロは初動の3か月で売ろうとします。

これは 初動の3か月は エネルギーが大きいからです。

購入を検討している人は 初めて売りに出ると見に来ます。

このタイミングに売ってしまうのが一般的には有利です。

 

事前準備が大切  買主は情報がなくて不安


購入を検討している人は 所有者売り主さんと違い

全く情報がありません このためにいいかなと思っても

誤解したり 情報不足で不安になったりします。

このため 事前に 現地を整えたり 清掃したり

生活情報を事前に整理したりすることが大切です。

 

高値売却は イメージが大切

外見ではないというが、買主は見た目がすべてです。

最初の3秒で決まってしまいます。

2度目はありません。

いい印象が大切です。

努力は最初に

売却はいったん売れなくなってからでは打つ手が少なく

最初に高値で出して、売れなくてどうにもなくなって初めて

値段を下げても 効果が薄くなります。下げる時は大幅となります。

結果的には 最初で高すぎると後が大変厳しくなります。

 □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

相続や不動産トラブル・不動産取引(建築含む)については
不動産コラムをご覧くださいhttp://www.glory-house.co.jp/?cat=8

平成29年6月25日

中野区新井2-2-1松本ビル

(株)グローリーハウス

代表取締役 森本和彦

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
この記事を書いた人
森本 和彦 モリモト カズヒコ
森本 和彦
中野にある不動産会社グローリーハウスの代表 森本です。 キャッチフレーズはあるべき姿への挑戦。勤務時代会社内で責任者として行ってきたことをさらに充実します。 最近の大企業のお客様に不便な縦割りシステムへの挑戦です。真に信頼される不動産業者を目指します。
store

会社概要

株式会社グローリーハウス
arrow_upward