株式会社グローリーハウス
10:00~21:00
年中無休(年末年始除く)
2019年04月17日
ブログ

中野区杉並区中高年の夢実現不動産専門業務を目指して

中高年のお客様が大半の不動産業務は、今では珍しくありませんが30年前は

珍しかったですね。約30年不思議と中高年のお客様が多かったですね。

テーマは夢実現です。

自分の要望とお客様の要望が近い

50歳過ぎると小さい字が見にくいですね。

やはり文字は大きいほうがいいですね。

夢に向かって安全にお客様に寄り添うだけ

不動産業の仕事は、お客様の夢に向かって寄り添うだけです。

重要な決断はお客様自身が行います。

勝手に判断してはいけません。

不動産の専門業務は、自分自身で体験しないと理解できない

よく中高年のお客様が不動産業務経験してみないとわからないですね。

意外と大変ですね。とよく言われます。

しかし長年行っていると最初から大変だとわかっているから平気です。

初めてのお客様は、精神的に大変なのです。

疑問点は電話が分かりやすい

疑問点は直接理解している人に電話で聞くのが分かりやすいですね。

電話より直接会って話したほうが分かりやすい

電話より直接会って話したほうが分かりやすいですね。

何が問題かが分からない

お客様から一番多かった質問です。

不動産で重要なことはお客様が気が付かない重要な問題点

不動産業務で問題となるのは、お客様が気が付かない問題点です。

 

お客様から「こんな説明初めて聞いたが」多かった私の普通の説明

世の中不思議ですね。普通に不動産業務を行うとお客様から驚かれます。

普通の説明をすると驚かれます。

一体みんなどんな説明しているのでしょうか?

 

お客様の質問にただお答えするだけ、理由とともに

私の考えは非常に簡単です。ただお客様の質問にお答えするだけです。

理由とともに

将来発生する問題も事前に説明するとお客様は安心

お客様は将来何が起こるかわからないから、不安です。

先に説明しておくだけでよいと思います。

お客様は事前に説明したとおりになれば、安心されます。

不動産の売買は病気の時に似ているかもしれません。

将来どうなるかどうかわからないから不安です。

担当者が変わるからいろいろトラブルが起こる

担当者が変わるのは大変危険です。過去にも多くのトラブルが発生しています。

 

不動産業務は国家資格制の専門職他の専門職でも取り扱えません

中高年の方は不動産の仕組みを理解すると、わかりやすいです。

不動産取引業務が行えるのは、国家資格では一つだけです。

宅地建物取引士の資格だけです。

単純ですこの資格があるかどうかです。

もう一つ必要です。

これが会社としての取り扱い免許です。

この二つがなければ、不動産取引は正式にはできません。

他の専門家の方も取り扱いできません。

 

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
大家さん,売主さんの悩み疑問解消します。相談無料です。
下記にあるフォームか、お電話にてお気軽にお問い合わせください。
 
 
株式会社グローリーハウス
(東京都中野区新井2-2-1松本ビル)
代表取締役 森本和彦


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

メール相談受付中!!

今すぐお電話の方はこちら

お悩みや疑問点あればお気軽にお問い合わせください。

Inquiry
必須
必須
※いたずらメール防止のため、ご協力をお願い致します
arrow_upward