株式会社グローリーハウス
10:00~21:00
年中無休(年末年始除く)
2019年04月05日
ブログ

不動産売却の税金確認は不動産業務ではない売り主さんで事前確認

不動産売却と税金との関係は売り主さんにとっては重要です。

しかし不動産業務ではありません。

売り主さんがご自身で確認することが重要です。

実際に不動産業務を行っていると税制の質問は多くあります。

税制度の概要案内はできますが、正確な内容確認は

売り主さんご自身で行う必要があります。

不動産を売却したら利益に税金がかかります

不動産を売却したら利益に税金がかかります。

利益は売却価格-譲渡経費-取得原価

取得原価が不明は売却価格の5%

注意建物は減価償却後の金額 マンション注意

以下売却時の代表的税制と注意点

不動産の売却にはいくつかの代表的税制度があります。

自宅を売却した時の3000万円特別控除

自宅を売却し買い替えをした場合の買い替え特例

自宅を売却した場合の軽減税率

相続や遺言で取得した場合の空き家の売却の3000万円特別控除

自宅売却の3000万円特別控除の注意点

一番よく使うのが自宅売却の3000万円特別控除です。

注意点は、居住しなくなってから3年を経過した日の12月31日までの売却

が重要な条件です。

建物を取り壊した場合は、2つの要件を満たすことが注意点です。

建物の敷地の譲渡契約が家屋を取り壊した日から1年以内で

住まなくなった日から3年を経過する日年の12月31日までに売ること

 

家屋を取り壊した後駐車場その他のように使わないこと。

確定申告が必要です。

自宅の買い替え特例の注意点

譲渡したマイホームの所有期間が10年超かつ居住期間が10年以上であること

譲渡価格が一億円以下

新しく取得するマイホームの取得が譲渡した年の前年1月1日~譲渡した年の翌年の

12月31日までであること

確定申告すること

空き家の売却の注意点

平成28年4月1日から平成31年12月41日までの間に売ること

 

空き家が旧耐震の建物である場合は耐震工事をしての売却

または売り主が取り壊して更地としての売却

賃貸が行われていないこと

居住していないこと

 

 

 

売り主さんは、事前に特例の要件を確認しましょう

優遇税制が使えればメリットは大きくなります。

実際に使えるかどうかご自身で確認しましょう。

そのうえで売却計画を立てるとよいでしょう。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
大家さん,売主さんの悩み疑問解消します。相談無料です。
下記にあるフォームか、お電話にてお気軽にお問い合わせください。
 
 
株式会社グローリーハウス
(東京都中野区新井2-2-1松本ビル)
代表取締役 森本和彦


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
この記事を書いた人
森本 和彦 モリモト カズヒコ
森本 和彦
中野にある不動産会社グローリーハウスの代表 森本です。 キャッチフレーズはあるべき姿への挑戦。勤務時代会社内で責任者として行ってきたことをさらに充実します。 最近の大企業のお客様に不便な縦割りシステムへの挑戦です。真に信頼される不動産業者を目指します。

メール相談受付中!!

今すぐお電話の方はこちら

お悩みや疑問点あればお気軽にお問い合わせください。

Inquiry
必須
必須
※いたずらメール防止のため、ご協力をお願い致します
arrow_upward