株式会社グローリーハウス
10:00~21:00
年中無休(年末年始除く)
2019年03月29日
ブログ

中野区杉並区賃貸契約に影響する民法改正

弊社グローリーハウスの事務所のある中野区には多くの賃貸住宅があります。

民法の大改正が行われました。非常に多くの事項が改正になりましたが

今日は賃貸借についての項目についてお話ししてみたいと思います。

120年ぶりの大改正 過去の問題を条文で明確化

今回の大改正では、過去に問題となっていたが正式な法律の明確な条文がないため

裁判官が個別に判断していました。

この点について明確化されました。

過去の問題も解決となりました。

原状回復規定の明確化

多くの判例が過去において居住用については、時間の経過による自然損耗部分は

家賃に含まれるとの考えを示していましたが、今回の改正で明確になりました。

特別故意過失で入居者さんが壊したもの以外は貸主さんの負担です。

連帯保証人の極度額無しは無効

賃貸借の契約において連帯保証人のない契約はほとんどありませんが

今までの保証契約は、極度額がないものでしたが今度は極度額がないものは無効

とするものです。

問題となるのは過去の契約の更新です

過去の保証契約の更新についても適用される可能性があり

準備が必要です。

重要なのは賃貸事業でどんな影響が出るかです

民法が変わりましたアーそーですかでは評論家や学者の方となってしまいます。

重要なことは実際の現場でどんな影響があり、どんな対策を取ればよいかです。

敷金関係は実務に影響はないでしょう。

しかし連帯保証は大きな影響が出るでしょう。

個人の連帯保証人が親以外は、なり手がいなくなるでしょう。

保証会社利用が増えるでしょう

現実的には保証会社の利用が増えるでしょう。

管理実務とすれば短期問題解決が必要となります

実際の管理の現場では、短期間の問題処理が求められます。

実践的管理運営相談実施中

現場の実務と賃貸経営のオーナーとしての対策の対する相談会を行っています

希望の方は電話かメールで連絡ください。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
大家さん,売主さんの悩み疑問解消します。相談無料です。
下記にあるフォームか、お電話にてお気軽にお問い合わせください。
 
 
株式会社グローリーハウス
(東京都中野区新井2-2-1松本ビル)
代表取締役 森本和彦


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
この記事を書いた人
森本 和彦 モリモト カズヒコ
森本 和彦
中野にある不動産会社グローリーハウスの代表 森本です。 キャッチフレーズはあるべき姿への挑戦。勤務時代会社内で責任者として行ってきたことをさらに充実します。 最近の大企業のお客様に不便な縦割りシステムへの挑戦です。真に信頼される不動産業者を目指します。

お悩みや疑問点あればお気軽にお問い合わせください。

Inquiry
必須
必須
※いたずらメール防止のため、ご協力をお願い致します
arrow_upward