株式会社グローリーハウス
10:00~21:00
年中無休(年末年始除く)
2017年08月15日
ブログ

有利な売却のための近隣調整業務と不利な売却      中野不動産相談所


今日は お盆で皆さまお休みの方が多いでしょう。

普段はなかなか目先の業務に気を取られて書けない

私のやっている近隣調整業務について書きます。

買主が快適に暮らせる土地が一番高く売れる。


不動産業界に入ってから20年以上になりますが、大半は

不動産の売却準備作業を行ってきました。

 

プロの世界は 結果がすべてです。

短期間に結果を出し続けなければなりません。

この業務の中の一つが 近隣調整業務です。

参考までに 結果を出すプロの業務は  販売内容企画

間取り 区画 建築設計企画 建設企画 予算管理

発注業者選定(測量士、建設会社、解体業者、建築士など)があります。

売却の必修条件 近隣調整 役所調整


売却の際 売買条件の中で重要なものに私道の通行承諾書

があります。これがなければ 相当安くなるか取引できません。

 

しかしこの業務を専門に行っている人はいません。

正確にはほとんどいません。

今年相談があったのも 売り主買主が決まっていて 通行承諾書が取得できれば契約という内容


 知人の紹介で取得の相談がありました。過去の私の交渉の成功率が

高いことを知っていたので紹介したとのことでした。

 

1件2件ならだれでも行いますが 20件近い状態でした。

しかも 両社ともいつでも契約できる状態

 

売り主さん 買主さんともに 最大限協力が得られることを条件に

引き受けました。

 

結果的にはうまくいって 売り主さんも買主さんも大喜びでした。

人の必要としていることだけ提供する。 物事の本質に迫る自然体の業務


このように重要な業務は 手間暇かかり 難易度が高いものです。

このため 大手不動産業者は もっと簡単な単純売買業務を行い

 

プロである買取り会社はは近隣調整ができますが

あるいはできる専門業者を知っていますが

大きな利益が見込めないと動きません。

 

保証という本質と異なるものを提供するのです。

これはプロならだれでもできる業務です。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

不動産情報、相続や不動産トラブル・不動産取引(建築含む)については
不動産コラムをご覧くださいhttp://www.glory-house.co.jp/?cat=8

平成29年8月15日

中野区新井2-2-1松本ビル

(株)グローリーハウス

代表取締役 森本和彦

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
この記事を書いた人
森本 和彦 モリモト カズヒコ
森本 和彦
中野にある不動産会社グローリーハウスの代表 森本です。 キャッチフレーズはあるべき姿への挑戦。勤務時代会社内で責任者として行ってきたことをさらに充実します。 最近の大企業のお客様に不便な縦割りシステムへの挑戦です。真に信頼される不動産業者を目指します。
store

会社概要

株式会社グローリーハウス
arrow_upward