株式会社グローリーハウス
10:00~21:00
年中無休(年末年始除く)
2017年08月11日
ブログ

中野区管理会社  最大の使命は空室対策と大家さんの気持ちの調整

勤務時代から中野区には多くの管理物件があり

よく現地を見に行っていました。

このころは将来中野はいいなー住みたいなー

と思っていtる程度でした。

将来中野に住み中野で管理会社を始めるとは

想像もしていませんでした。

さて最近は多くの中野区の大家さんとお会いすると

希望がよくわかります。

今日は大家さんの希望と空室対策についお話しします。

 

空室対策だけは簡単 

一都3県で空室対策をしていると空室対策だけ行うのは

簡単です。

ある程度の費用と募集費などをかければできます。

もちろん一部アパートマンションの需要がないところもありますので

簡単にいかないところもあります。

しかし問題は大家さんの気持ちです。主に予算です。

 

大家さんの気持ちだけ優先するのも簡単


大家さんの気持ちだけ優先することも簡単です。

できるだけお金をかけないで空室を埋めたい。

入居が決まるまではリフォームしたくない。

これも当然です。

管理会社の仕事は大家さんの気持ちと空室対策の両方の調整


大家さんは入居者をできる限りリフォーム費用を抑えながら

決めて満室経営したいと思っているでしょう。

しかし入居希望者から見て入居したいと思える最低限でなければ

空室期間が続いてしまいます。

ここで大家さんとよく調整して対策を考え実行するのが

本当の管理会社の仕事でしょう。

大家さんはとは正確な情報があれば判断しやすい 定期的な報告が一番


大家さんは空室期間の状況が正確にわかりません。

このため判断が難しい場合が大と思います。

できる限り空室期間は定期的に報告し状況が分かる状況が

望ましいと思います。

結果が出ればうれしい 空室対策は大家さんと共同作業


空室対策は大家さんとのまさに共同作業です。

結果が出ればうれしいですね。

しかし重要なことは過程です。

きちんとした行動をとれば経験上

高い確率で成功します。

ほとんどは労力不足かもしれません。

 

次回からは実例で私が管理会社責任者として勤務のころの仕事 をお話しします。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

相続や不動産トラブル・不動産取引(建築含む)については
不動産コラムをご覧くださいhttp://www.glory-house.co.jp/?cat=8

平成29年10月13日

中野区新井2-2-1松本ビル

(株)グローリーハウス

代表取締役 森本和彦

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
store

会社概要

株式会社グローリーハウス
arrow_upward