株式会社グローリーハウス
10:00~21:00
年中無休(年末年始除く)
2019年01月30日
ブログ

中野区賃貸マンション経営の成功のポイント

賃貸経営は少子高齢化の影響を受ける構造不況業種です。しかしここ中野は日本一人口が集中する東京の中のさらに中心です。賃貸事情成功して当然の場所です。

しかし現実は中野駅徒歩圏にも空室があります。これはどこか根本的な問題があるからです。

今日は根本問題についてお話しし、本来の成功する賃貸経営に戻しましょう。

中野で空室は何か変ですよ。中古でも満室が当然

中野区は基本的なことさえできていれば現在は満室が当然です。

しかし基本的なことができていなければ、空室もあり得ます。

賃貸マンション経営のスタート 満室経営を目指しますか?

そもそも空室にしたいというオーナーさんがいるのも事実です。

これは空室が当然です。

しかし満室経営を目指しながら、空室になっているのはきちんと基本通りすれば

中野区なら満室になります。

意外と難しい基本作業

何事も基本が最重要です。しかし基本は退屈で、単調で苦痛を伴うものです。

まさに商いです。

満室経営には基本なくしてありえません。

多くの失敗空室の大家さんが陥る基本無視の賃貸経営

多くの空室経営の大家さんが陥るのは、基本無視の行動です。

基本は苦痛です。

しかし効果は抜群です。

 

基本その一 成功大家さん設備は耐用年数前に新品に交換が当然

空室経営大家さんこれできませんよ。

基本その2 成功大家さん大規模修繕は10年ごとに 

建物の修繕は破損が進む前に行うのがポイントです。いったん進むと修繕が完全にはできません。

このためには、中野区では10年ごとが理想的です。

基本その3成功大家さんは退出時は完全にリフォームして賃貸募集

これも簡単な基本で、満室経営に重要な要素ですが、できていない大家さんも多いですね。

基本その4成功大家さんの常識入居者さんサービス精神がある

これもできていない大家さんが多いですね。しかし満室経営の大家さんはできています。

基本その5成功大家さんの常識 賃貸収入は手を付けず積立

これは当然ですが、意外と難しいですね。生活費に使えるのは銀行返済が終わってからです。

それまでは家賃をいただく前提が、大型建物修繕と退出時の部屋の大型リフォームです。

このためには、年間の積立額は年間総建築費の2%くらいは積立が欲しいですね。

 

基本その6 満室経営の大家さんの常識 成功する資金計画イメージ

成功するには資金計画が成功していなければいけません。

実際に運営に必要なのは、建物の

1%銀行金利、1%管理費、3%銀行返済、2%修繕リフォーム積立 

つまり成功するためには建築費の7%くらいは経費が返済まで必要と行くことです。

 

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
大家さん,売主さんの悩み疑問解消します。相談無料です。
下記にあるフォームか、お電話にてお気軽にお問い合わせください。
 
 
株式会社グローリーハウス
(東京都中野区新井2-2-1松本ビル)
代表取締役 森本和彦


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
この記事を書いた人
森本 和彦 モリモト カズヒコ
森本 和彦
中野にある不動産会社グローリーハウスの代表 森本です。 キャッチフレーズはあるべき姿への挑戦。勤務時代会社内で責任者として行ってきたことをさらに充実します。 最近の大企業のお客様に不便な縦割りシステムへの挑戦です。真に信頼される不動産業者を目指します。

メール相談受付中!!

今すぐお電話の方はこちら

お悩みや疑問点あればお気軽にお問い合わせください。

Inquiry
必須
必須
※いたずらメール防止のため、ご協力をお願い致します
arrow_upward