株式会社グローリーハウス
10:00~21:00
年中無休(年末年始除く)
2019年01月26日
ブログ

初心者の売却教室 不動産の売却準備 問題点の解決 隣地の越境物は大問題

初心者の方が初めて不動産売却を行おうとする場合、最初にぶつかるのは何から手を付けたらいいかな?です。成功する短期有利売却では手順はきちんと決まっています。

しかし多くの場合正しい手順で行っていません。

 

 

短期有利売却の反対は長期不利売却です。つまり予定が立たずです。

短期有利売却を目指す理由について、先にお話ししましょう。

売却される方の多くは、次の計画があります。

遠い将来でなく短期的なものです。

このため売却は短期間に確実に終わらすことが重要です。

反対はいつ売れるかわからない。いつ入金かわからない状態です。

これでは次の計画が建ちません。

問題は先に発見が基本中の基本

短期有利売却の計画で重要なことはあとで問題が発生しないことです。

最初に問題の解決をしないことです。

これがプロの発想です。

しかし多くの初心者が反対を行い短期有利売却に失敗します。

短期有利売却のための最初はきちんとした調査で問題発見

短期有利売却のスタートはきちんとした調査です。

これが不正確だとあとでいろいろ問題が出て結果的には長期化します。

この正確な調査で問題点を明確化し、問題解決を先に行います。

隣地の越境物は確定測量で正確に発見 売買契約時の最大の支障

売買契約時の最大の支障の一つである隣地の越境物を参考にお話ししましょう。

越境物があると契約は成立しないことが多くあります。

住宅ローンが非常に厳しくなります。

また許可案件の場合は越境物があると有効寸法が求められますので、大問題です。

しかしこれは隣接地の所有者さんとのデリケートな問題です。

私の過去の経験ら正確な測定が終わって、順調に行っても解決まで2か月以上

私の過去の経験では、陳地の所有者さんなどの協力が得られて、順調に行っても2か月程度はかかりました。

しかしこれは1件1件異なりますので早めにスタートするしかありません。

購入希望者が現れてから問題解決では買主さんを不安にし短期有利売却を妨害しているようなもの

意外と多くの初心者の方が、購入希望者が現れて、慌てて問題解決をスタートしますが

購入希望者が問題解決期間が長引けば、待ち切れずせっかくの好条件の買い手を失います。

これは売り主さん自身で短期有利売却を妨害しているようなものです。

最初は全体計画 これは初心者には無理です。作成しても現実離れかも

売却計画はこのためプロが客観的調査に基づいて策定しないと、非現実的なものとなってしまいます。

誰に相談するか?誰に依頼するか?不動産屋さんに行く前に

この重要なポイントを最初に説明するかどうかで短期有利売却の成功不成功が決まります。

誰に相談するか任せるかで大きく異なります。

不動産短期有利売却相談会実施中

不動産は専門性が高い分野ですので、一般の方が行うのは難しかったり、誤解して間違った計画を立てることが多いので専門家に相談するのが良いでしょう。

弊社でも過去の豊富な実践経験から現実的なやり方をアドバイスしています。

相談希望の方は電話かメールで連絡ください。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
大家さん,売主さんの悩み疑問解消します。相談無料です。
下記にあるフォームか、お電話にてお気軽にお問い合わせください。
 
 
株式会社グローリーハウス
(東京都中野区新井2-2-1松本ビル)
代表取締役 森本和彦


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
この記事を書いた人
森本 和彦 モリモト カズヒコ
森本 和彦
中野にある不動産会社グローリーハウスの代表 森本です。 キャッチフレーズはあるべき姿への挑戦。勤務時代会社内で責任者として行ってきたことをさらに充実します。 最近の大企業のお客様に不便な縦割りシステムへの挑戦です。真に信頼される不動産業者を目指します。

メール相談受付中!!

今すぐお電話の方はこちら

お悩みや疑問点あればお気軽にお問い合わせください。

Inquiry
必須
必須
※いたずらメール防止のため、ご協力をお願い致します
arrow_upward