株式会社グローリーハウス
10:00~21:00
年中無休(年末年始除く)
2018年12月19日
ブログ

中野区土地の不動産取引と設計建設とは密接な関係

不動産取引は、特に土地の売買と建物の設計や建築は、密接な関係します。
この契約に先立つ重要事項説明を行うのが、宅地つまり建物の敷地及び建物の専門家である唯一の国家資格宅地建物取引士です。

不動産取引特に土地の取引は、建物を建築する事が目的です。ところが建物の設計や工事会社が契約当事者にならない場合も多いのです。

 

建築のことまで考えて不動産売買契約の内容の協議が重要です。

例えば土地の購入の場合、建物の建築の最初の準備になります。ここが一番重要です。きちんと建築を担当する専門家の意見を売買契約に反映しておかないと、後で、トラブルになります。

工事に必要な通行掘削承諾書取得や確定測量

代表的なポイントは、土地の購入される買主さんの目的は希望の建物を建築することです。

このため最低限必要なものは、正しい敷地と工事に問題がないようにする私道の通行掘削書です。

契約時に確定測量図がなかったり、私道通行掘削承諾書がない場合は要注意

契約時に、確定測量図がない場合や通行掘削承諾書がない場合は、

売り物の土地の所有権は一体どこまでなのかが不明な状態です。

また私道通行掘削承諾書が取得できてないと、きわめて契約時の内容があいまいです。

測量が確定する前にきちんとした建築の準備もできません。

あとで所有権界が確定した場合、すべて設計からやり直さなければならないため

一般には引き受ける専門家の方や工務店は少ないかもしれません。

また通行掘削承諾書が取得できない工事が難しい場合も多く売買契約の目的が達せられない可能性があります。

 

初心者が重要事項説明書や契約書の問題点を見抜くのは難しい

現実問題、重要事項説明書や契約書の問題点を初心者の方が見抜くのは難しいでしょう。

不動産会社の人なら簡単にわかることでも、一般人の方は専門知識がないからです。

不動産取引を行うには、事前に実務の専門家に相談が重要

不動産取引の際は専門性が高いので、事前に専門家に相談するのがトラブルを防ぐ最良の方法です。

問題点は、契約前までに協議を十分行っておくのが一番だと思います。

私の行っていたトラブル防止法

私の行っていた方法は重要事項説明前に別途実務上の重要点について

事前に説明していました。

買主さんに勘違いや、不明確な点があればこの時点で判明します。

協議が整ってから、初めて重要事項説明書に入ります。

具体的な事例については相談ください

具体的な事案については、相談ください。

同じような事例でも、状況によって重要ポイントは異なります。

ご希望ん方はメールか電話で連絡ください。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
大家さん,売主さんの悩み疑問解消します。相談無料です。
下記にあるフォームか、お電話にてお気軽にお問い合わせください。
 
 
株式会社グローリーハウス
(東京都中野区新井2-2-1松本ビル)
代表取締役 森本和彦


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

メール相談受付中!!

今すぐお電話の方はこちら

お悩みや疑問点あればお気軽にお問い合わせください。

Inquiry
必須
必須
※いたずらメール防止のため、ご協力をお願い致します
arrow_upward