株式会社グローリーハウス
10:00~21:00
年中無休(年末年始除く)
2018年12月24日
ブログ

中野区賃貸入居者問題解決のための実践的定期借家契約活用術

定期借家が誕生してすでに20年近くがたちましたが思った程の普及はありません。

これは制度の仕組みと実践的な使い方がよく理解できていないからでしょう。

今日は弊社でよく使っている定期借家契約についてお話ししてみましょう。

定期借家と普通借家の大きな違いは 実質的に契約終了となるかどうか

普通借家契約と定期借家契約の大きな違いは、契約期間の満了で契約が終了し

入居者さんは退出するかどうかです。

 

満室経営を進める方針と反対では?という疑問

定期借家契約を利用して実際に大家さんは、期間満了とともに退出となれば空室となってしまい

むしろデメリットになります。

何かメリットがあるの?

通常はあまりありません。

しかし建て替えなどの際は大きなメリットがあります。

 

建て替え時期が近づいた築40年以降の物件は定期借家が有利

建物の建て替えは、木造なら40年前後、鉄骨なら60年前後でしょう

このため築40年を過ぎたら定期借家が有利となります。

定期借家の一番のメリットは契約期間の満了で終了

定期借家の一番のメリットは、契約期間の満了で終了するため建て替え計画がスムーズにくところです。

立退料なしで建て替えがスムーズ

入居者さんの立ち退きをしなくて済みます。

立退料も不要です。

定期借家は賃料的に普通借家より不利というデメリット

定期借家は契約期間の満了とともに終了です。

このため一定期間すれば新たな契約金や仲介手数料、引っ越し費用等が掛かりますので普通借家に比べ賃料条件面が安くなる傾向があります。

中野区賃貸大家さんのための実践的定期借家相談会実施中

定期借家契約の実践的活用にはコツがあります。

個別の事情によって有利不利がありますので

実際使用される場合は、相談会を中野区新井で行っていますので

相談ください。

 

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
大家さん,売主さんの悩み疑問解消します。相談無料です。
下記にあるフォームか、お電話にてお気軽にお問い合わせください。
 
 
株式会社グローリーハウス
(東京都中野区新井2-2-1松本ビル)
代表取締役 森本和彦


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
この記事を書いた人
森本 和彦 モリモト カズヒコ
森本 和彦
中野にある不動産会社グローリーハウスの代表 森本です。 キャッチフレーズはあるべき姿への挑戦。勤務時代会社内で責任者として行ってきたことをさらに充実します。 最近の大企業のお客様に不便な縦割りシステムへの挑戦です。真に信頼される不動産業者を目指します。

メール相談受付中!!

今すぐお電話の方はこちら

お悩みや疑問点あればお気軽にお問い合わせください。

Inquiry
必須
必須
※いたずらメール防止のため、ご協力をお願い致します
arrow_upward